「うつ」は誰もがかかる可能性があるって本当?

「うつ」は誰もがかかる可能性がある「心の不調」

人口20人に一人がかかっています。最近のストレス社会で「うつ」に悩んでいる人が相当いると考えられます。

うつ病は「心の風邪」といわれたりもします。そして、風邪は誰でも引いたことがあるのではないでしょうか。

また、知らずにかかっても、少し休むことで風邪は治ります。しかし風邪より辛いのが「うつ」なのです。

そんな、あなたが「うつ」と言われると心にぐさりと突き刺さり、気弱になってしまうかもしれません。

そして他人の中には「心が弱いから」「甘えている」「怠けている」等いろいろ言う人がいるのも事実です。

だからこそ「うつ」を理解して対応することが大切です。

しかし、自分が「うつ」にかかっているのに気づかないことが少なくありません。

疲れが溜まっている、気持ちの持ちようが弱いんだ、もっと頑張らなければという状態で

自分を追い込んでいることに気づかないことが多いのです。

突然「うつ」になるということはないのです。それなりのさまざまな要素と期間が関わってきます。

では、なぜ「うつ」が分かりにくいのでしょうか?さまざまな要素が関わっているからです。

その要素を整理していくと、「うつ」のことが分かってきます。

「うつ」を知る!

うつ病は「気分障害」の一つで、特に体の病気がないにもかかわらず、気分が憂うつな毎日が続き(2週間以上)、

今まで楽しんだことが楽しめないと感じ、食欲がなく、睡眠不良、性欲、思考力等の低下の特徴の症状が現れた状態をいいます。

「うつ」のタイプは、症状の違いで、典型的なうつや非定型うつなどに分けられます。

一つ目は、メランコリー親和型「うつ」です。

多くの人が抱いている「うつ」のイメージは、このタイプです。

気分がいつも暗く落ち込んでいるのが特徴で、楽しいことがあっても、気分はいつも低迷しています。

「食欲がない」「眠れない」「自分を責めてばかりいる」といった症状です。

二つ目が非定型「うつ」です。

典型的な「うつ」とは異なる症状が見られます。

どんなことがあっても気分が落ち込んだままですが、楽しいことがあると、そのときだけは気分が明るくなります。

このように、気分が反応しやすくなるのが特徴です。

また、「食べすぎ」「眠りすぎ」といったことも起こります。

体が鉛のように重く感じ、ベッドからなかなか起き上がれない人もいます。

また、対人関係に敏感な人が多いのもこのタイプの特徴でもあるといわれています。