仕事で成長したい人、まずはマネしてみて!

脳科学の法則で、感情と態度はリンク

感情は態度でコントロールできるということを私は学びました。

私は、短大を卒業後、某有名百貨店外商部に配属されました。

配属先には25歳の長身で素敵な女性の先輩がいました。

私はその先輩の落ち着いたしなやかな動き、優しくゆったりとした口調にとても憧れをもつようになりました。

その先輩から仕事を教えてもらうことになった私は、一日も早く憧れの先輩のようになりたいと強く思うようになります。

そして、私が心がけたことは、その先輩のマネです。その先輩になりきって、電話対応やお客様の接客対応をしていました。

しばらくして、上司からこんな言葉をかけてもらいます。

「とても、電話応対や接客が上手にできるようになったね。すばらしいよ。

自信をもって頑張ってくださいね」嬉しくて嬉しくて、帰宅後すぐに、家族にこのことを報告しました。

小さな子どもが、お母さんに学校の先生に褒められた嬉しさを体中で表現したかのように、

社会人となった私は久しぶりに家族の前で嬉しさをあらわにしたことを覚えています。

社会人になって、ビックリするほどの厳しい研修期間を経て、

社会に貢献することの難しさを、多少なりとも理解できてきた頃だったと記憶しています。

人は他人のマネをすることで成長することができると実感する出来事でした。

これも人間が生まれ変われる脳科学の法則

もし、あなたの周りに仕事ができる素敵な人がいたら、

その人の態度やふるまい方、仕事の進め方、報告、連絡、相談の仕方などを観察して、素直にマネをしてみてください。

そうすることが、仕事を効率よく回せたり、落ち着いて仕事ができるようになったり、

ムダがなくなったり、ミスが減ったりすることにつながるのです。

なぜか?それは、感情は態度によってコントロールされていて、

仕事ができる人の要素をあなたが態度として取り入れていることになるからです。

そうすることで、あなたは間違いなく成長を遂げていくのです。