専門家が教える【健康になる方法】

本当の予防医学は健康がゴールではない

 健康と言えば、病気にならずに元気に過ごせるカラダ。そしてストレスに負けない精神状態。

このどちらも整った状態が一般的に言われている健康だと思いますが、私にとってこれは通過

点であって、ゴールではありません。

 人は健康になるために生まれたわけではないのです。

「病気はお知らせ」他の章でも書いたように、病気になるということは、何か考え方に間違いがあるからです。

 人は生まれる時に、神様からプレゼントを頂いています。それを生かして人生を全うすることに意味があります。

ですから、病気になっている暇は本来ないのです。

 そして、自分のカラダは借り物。よく仏教などでカラダは乗り物と言われるように、カラダは魂を入れる器なのです。

そしてカラダはご先祖様からの借り物。自分だけの物ではありません。これを知らず、「自分のカラダだからどう扱ってもいいでしょ」と飽食したり、

味覚だけを 満足させる食事をしたりする。この考え方が病気を作る思考の1つです。 「健康に生きる」ということを考えた時に、こういったことを知らなくては、

結局は根本が解 決されず病気になってしまったり、病気になることもなく、この世に生まれた意味も分からず 死んでいくということになるのです。

「病気にすらなれない」ということは、「お知らせ」を聞 くことが出来ないカラダということで、これは魂レベル的にはとてもまずい状態です。 

カラダは借り物と考えること、そしてもう一つ、ぜひ知って欲しい事があります。それは、 「輪廻転生の輪から外れること」です。 

 本来ヨガは修行僧が長時間瞑想出来るココロとカラダを作るために発展してきました。そして、ヨガのゴールは長時間瞑想を出来るようになることではなく、

輪廻転生の輪から外れることなのです。ヨガだけではありません。神道でも同じように、悟ることが目標ではなく、

もうこの世で学ぶことがなくなり生まれ変わらなくなることが目標だと言われています。

輪廻転生は繰り返して当たり前だと思っていませんでしたか?

 私が輪廻転生の輪から外れるような人間に成長するかわかりませんし、もちろん皆様をそのような状態へすることは、私にはできません。

ただ、人生を全うできる健康なココロとカラダを作るお手伝い、そして見えない世界があり、それが人生においてとても大切なものなんですよ。

ということをお伝えすることはできると思うのです。輪廻転生の輪から外れることを目標に人生を生きている人がこの世の中に、どのくらいいるのかわかりませんが、

こんな大きな目標を持ち、人生を生きていくのもなかなかな面白いと思いませんか?