必見!【結婚式の確認リスト】

ウェディング施設での結婚式を希望される場合に確認いただきたい内容

◉サンプルの写真を見て、自分たちのセンスと合っているかどうかチェックする こと 

◉ドレスも見せていただけるようであれば、見せてもらい、アップグレードした 場合の衣装で最大の金額を聞いておくこと 

◉どこまで持ち込みが可能で、ダメなのかを聞くこと

◉持ち込みが可能な場合の持ち込み料を聞いておくこと

◉成約前にもらった見積もりの内容をしっかりと見ておくこと

◉あれもこれもアップグレードすると、当初の見積額からあっという間に 

100万は超えることもあるため、必ず、最終決定をするまでに、できれば頻 繁に見積もりを更新してもらうこと

(そのときに、自分たちのこだわり部分の 軸を思い出しながら調整するといいと思います。予算額より上がったとしても 納得してさえいれば、なんのわだかまりもなく先へ進めることができます) 

◉アップグレードする可能性のあるアイテムを聞いておくこと(アルバム、花、 衣装、料理、引き出物、演出、映像など) 

◉キャンセル規定をそれぞれの項目ごとに読んでおくこと。 

ウェディング施設のプランナーさんや会社に遠慮する必要はありません。あな た自身の結婚式なのですから、ここはわがままになってくださいね!

それを どーんと受け止め、提案してくれるプランナーこそ、頼りにしていい心強い味方となるプランナーです。 

もっと自由にオリジナリティのあるウェディングを自分たちのために創り上げてほしい、一緒に創り上げたい! と思われるカップル様には、

フリーランスの ウェディングプランナーやプロデュース会社をオススメします。(プロデュース 会社の場合は会社にもよると思いますが)欧米のスタイルと同じように、

一緒にテーマを決め、会場を決めて、会場の中のことも会場以外のことも寄り添うよう に提案、準備してくれます。フリーランスであるということは、

全てにおいて自由に選択できる選択肢があるということですので、あなたに合ったドレスショッ プや婚礼衣装店を一緒に回ったり、

フォトグラファーもあなたのセンスに合った方を探してくれます。ヘアメイクも同じで、それぞれが自身の仕事にこだわりを 持っている方々がほとんどです。 

痒いところに手が届く、小回りが利く、というのがフリーランスのウェディングプランナーの強みではある一方、

ウェディング会社が提携しているところには 入りにくい場合が多いですので、どちらがいいかは、理想のウェディングスタイ ルに近い方を選んでいただければと思います。 

加えて、フリーランスのウェディングプランナーだからこそできることがもう 一つあります。 

それは、アドバイザーという役割です。すでに決めた会場でプランナーさんも いるけれど、会場以外のところまでは世話ができないため、

会場以外のところを フットワークの軽さで動きながら第三者としてアドバイスしてもらうことは新郎 新婦にとって頼もしい存在になると思います。 

「ウェディング会社やフリーランスのプランナーが協力し合って1組の結婚式 を創り上げる」ことは、「理想のウェディングプランニング」のあり方の一つだと思っています。 

どちらも一長一短あるのであれば、それを補い合い、共存していくことで、 お客様も、ウェディング会社もフリーランスのプランナーもみんなが笑顔で楽しくいられるのであれば、

こんなに幸せな関係はないと思っております。現在、私は、外国人カップル様のプランニングを中心に行っておりますが、ご要望によっては、

いくつかのウェディング会社様にも協力いただいております。いろんなテー マで、いろんなチームで、1組1組にエネルギーを発揮して創り上げることができるのは、本当に楽しくて幸せなことです! 

ご自身が望むスタイルは、いくらでも創り出せます。その幸せの価値を決める のに、規模も回数も金額も性別も場所も関係はありません。

あなたが幸せだと思うスタイルを、いろんな枠を超えて実現できますことをウェディングプランナー の一人として応援しております。