本当はこんなにあった!〜ウエディングスタイルの種類〜

─ウェディングスタイルはこんなにある! 

現在、ウェディングスタイルは多岐にわたり、選択肢が増えました。実際に行 われているウェディングスタイルを挙げてみますと......。 

【国内】 

ホテルウェディング(チャペル式、神前式、人前式) 結婚式場ウェディング(チャペル式、神前式、人前式) 神社での結婚式

仏閣での結婚式 アウトドアウェディング(グランピングウェディング) 

ガーデンウェディング

温泉ウェディング

料亭ウェディング

町家ウェディング

祝言式

クルーズ(客船)ウェディング

レストランウェディング

歴史的建造物でのウェディング

公共施設でのウェディング

倉庫や学校でのウェディング アミューズメントパークウェディング(TDR、USJなど) 国内リゾートウェディング(沖縄、北海道、軽井沢、京都など) 

【海外】 

海外リゾートウェディング (ハワイ、グアム、バリ島、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパ、 アメリカ、シンガポール、ベトナム、タイ、カリブ海など) 

例えば...... ・チャペルウェディング ・ビーチウェディング ・邸宅ウェディング ・ホテルウェディング ・ワイナリーウェディング ・古城ウェディング(ヨーロッパ) ・大聖堂ウェディング ・ガーデンウェディング 

・歴史的建造物ウェディング ・野球場ウェディング ・ドライブスルーウェディング(ラスベガス) 

私が思い出せるものでこれだけありますが、実際にはもっとあると思います。 (スキューバーダイビングしながら結婚式したり、ヘリコプターの中や列車の中 で結婚式したり......) 

ですが、結婚式そのものが異なるというわけではなく、結婚式をする「会場・ 場所」がたくさんあるので、こんなに出てきたということなのです。 

─ウェディングスタイルの価値も選択も人それぞれなのがいい 

ということで、ここでおわかりのように「結婚式はどこでもできる」んです! 

おうちウェディングがあってもいいし、滝ウェディングがあってもいいし、絶 景ウェディング、茶室でお茶ウェディング、などがあってもいいということなのです。 

でも、ここで肝心なのは、「何に興味をそそられるか、何を目的に結婚式をし たいか」ということです。ロケーションなのか、テーマなのか、

家族や友達への 感謝なのか、みんなで楽しむためなのか、自分たちの世界観を共有したいのかな どなど。このことを先に考えてみるとざっくりとした

「こんなウェディングがし たいな」と思う枠組みができると思います。そこには披露宴をしたいかしたくな いか、する場合、演出をいろいろ入れたいのか、

お食事をみんなで楽しみながら 自由にお話ししたいのか、なども含まれます。 

日本国内では、ガーデンウェディングなど、自然やグリーンをテーマにしたス タイルが人気ですね! アウトドアウェディング専門の会社も出てきましたし、

一方で、外資系ホテルで、ラグジュアリーなウェディングを選ぶカップルもいらっ しゃいます。 

そして、海外ウェディングもまだまだ人気です。ハワイではオリジナルウェディ ングをプロデュースする会社も出てきました。

個性的な海外ウェディングに興味 のある方は、アメリカ・ラスベガスでの結婚式もかなり面白いですよ。最初のウェディングの仕事経験がラスベガスでよかった! と思えるくらい、

私には斬新す ぎました。特にドライブスルーウェディングは、日本では経験できない結婚式ス タイルだと思います。

その名の通り、ドライブスルー形式で、オープンカーの後ろの座席上に乗ったまま結婚式を行うのです。

牧師先生がオープンカーまで出てきてくれて、その場で結婚式が行われます。

その後は、車から降りてチャペル周 辺で撮影し、再びオープンカーに乗り込んだら、ラスベガス大通りを颯爽と走っ て、有名ホテル内でさらにロケーションフォトを行うという、

お二人だけで結婚 式を存分に楽しみたいカップルにはもってこいのスタイルです。他にも、ウェディングチャペルもありますし、

有名なホテル内でもそれぞれのホテルのテーマに合 わせた結婚式できますし、エンターテイメント満載の結婚式は今でも行われてい ます。 

前例のあるものは参考にしつつ、自分たちらしいアレンジをしていきましょう。 規模も予算も、好みも、考え方も、みんなそれぞれ違う、それでいいと思います。

選択する例があればそこから選べばいいし、なければプランナーたちと一緒 に、または自分たちで作り出してみてはいかがでしょう! 予算も規模など、

あなたに合ったものを基準にしながら作り上げていくことで、あなたならではの価 値あるウェディングが実現すると思います。

もっと気を楽に、楽しくワクワクし ながらあれこれ想いを巡らせてみてくださいね!