第3回ゆうこ先生のスピリチュアル講座【人間の生命活動について①】

スピリチュアル・ボディは、生命活動をしている!

「スピリチュアル・ボディ」は、「肉体を維持する働きをもったエネルギー体」です。 肉体がスピリチュアル・ボディから生命エネルギーを取り入れているということは、

これまでにお話ししました。では、どうやってエネルギーを取り入れているのでしょうか? それは、呼吸です。

スピリチュアル・ボディも呼吸をしています。

肉体は、肉体を維持するために外から栄養を取る必要があります。

食べ物ももちろんそうですが、例えば、「空気」を吸い、肺で酸素を吸収し、血液で体内循環させてい ます。同様に、スピリチュアル・ボディも呼吸をしています。手のひらや足の裏、頭のてっぺん部分からです。 

 スピリチュアル・ボディを維持するために、外部から「エネルギー」を取り入れ、呼吸し、霊的エネルギーに循環させて、老廃物を排出しています。

肉体とスピリチュアル・ボディの呼吸はよく似ているので、2つを比べながらお話ししていきます。

まず肉体の呼吸からです。ご存じのように、肉体は息を吸って酸素を取り入れていますね。そのとき にできた二酸化炭素は息を吐くことで体外に出しています。

※ 霊気とは、空気に対しての用語。霊的な空気。外界から霊気を呼吸している。 


先生 :「では、純子ちゃん一緒に深呼吸をしてみましょう。はい、大きく息を 吸って~、はい、口からゆっくり吐いて~」 


純子ちゃん: 「ふう~~~」 


先生 :「では、純子ちゃんもう一度鼻から大きく吸って~、はい口からできるだけ細く長く吐い て~。数回繰り返しましょう~」 


純子ちゃん:「ふう~~~~」


純子ちゃん :「先生、鼻から吸って口から細く長く吐くって難しいですね~」 


先生 :「鼻から吸うことで多く酸素を取り込むことができるんです」


純子ちゃん: 「今、先生と深呼吸をしてみて、普段しっかり呼吸ができていないことに気がつきました。なんだか普段は呼吸が浅い感じがしました」


先生:「大人になると、職場で人とのつながりが多くなり、責任感も要求されるので、だんだん とストレスや思い込みが増え、呼吸が浅くなりがちです」 


純子ちゃん: 「そうですね。今、深呼吸をしてみて普段大きな呼吸をしていないことに気がつきました」 


では、スピリチュアル・ボディはどうでしょうか?

スピリチュアル・ボディも肉体に合わせて呼吸しています。

そして肉体と同じように、吸う息とともに外から必要なものを取り入れています。

でも酸素ではありません。一体なんでしょうか?

それは「気」です。 

 肉体が息を吸うときにスピリチュアル・ボディも同じように息を吸って、外の新鮮な「気」を取り入れ、肉体が息を吐くときに、スピリチュアル・ボディも「気」を吐いて体の外に出しているのです。

肉体とスピリチュアル・ボディの呼吸は連動しています。

 ただし、スピリチュアル・ボディは肉体と違って、気を鼻から吸って鼻や口から吐いているのではありません。

スピリチュアル・ボディは、足の裏から気を吸っています。

また、左の手のひらから(一部の人は右の手のひらから)も吸っています。 そして、吐くときは頭のてっぺんから気を吐きます。 また、右の手のひらから(一部の人は左の手のひらから)吐きだします。

足の裏で吸って頭上から吐くのは誰でも同じですが、手のひらについては、おおよそですが、左で吸って右で吐く人が8割、右で吸って左で吐く人が2割います。

 スピリチュアルなエネルギーに対する感受性は、体の左側のほうが敏感な人が多いためです。


純子ちゃん :「わかりました」 


純子ちゃん :「え~! そうなんですね。肉体は、意識して深呼吸という方法で吸う と吐くということがわかりますが、スピリチュアル・ボディでも吸うとか吐くということがわかるのですか?」 


先生 :「そうですね。スピリチュアル・ボディの呼吸法は練習が必要となりま す。後ほど呼吸法の練習法をご紹介しますね」 


次に、スピリチュアル・ボディが体内に取り込んだ「気」をどうするのかをお話しします。 肉体は吸った酸素からエネルギーを作りだし、そのエネルギーを体の中で循環させます。

それと同じように、スピリチュアル・ボディも吸った「気」からエネルギーを作り、スピリチュアル・ボディの中で循環させます。 肉体の中で血液中のヘモグロビンが、

酸素をいっぱいのせて血管を流れている感じです。 肉体の中に、気が流れているとイメージしてみてください。 スピリチュアル・ボディの中の細い管を、

「気」をいっぱいのせたエネルギーの流れが循環していくイメージです。 

 スピリチュアル・ボディと肉体の間には細いパイプがあり、そのパイプを通して肉体とスピリチュアル・ボディはつながり、スピリチュアル・ボディから肉体へとエネルギーが取り入れられているのです。

この細いパイプが霊的エネルギーで、全身に血液と同じく流れています。

このパイプ、霊的エネルギーは、先ほど先生と純子ちゃんの会話の中でご紹介していました「呼吸法」 という簡単な練習によって少しずつ太くしていくことができます。 

霊的エネルギーのパイプが広がると、比例してスピリチュアル・ボディも大きくなっていきます。

スピリチュアル・ボディは大きくなってくると、活力がパワーアップします。

つまり、心身に何かトラブルがあっても改善されてくるということです。


純子ちゃん :「先生! どういうことですか! 詳しく教えてください」 


先生: 「大人になると職場や人間関係のストレスや思い込みで、肉体の中を 流れている霊的エネルギー(パイプ)の流れが悪くなり、徐々に詰ま りだします。ストレスで霊体に支障が出てくると、夜に眠れません」 


純子ちゃん :「ずっと前、夜に眠れずお薬を飲んでいる人がいました。上司のことで悩んでいたと話を 聞いたことがあります」 


先生 :「はい。不眠症になり、お薬を飲まないと眠れなくなるという人もいます。そのような人 は、胸の部分が詰まりだしています。睡眠薬を飲んで寝ようとしても根本的な改善は難しいですよね。でもお薬を飲んでも眠 

れない状態が続くと、もっと効きが強い薬を飲んでしまうということはわかります。どこかできっと副作用が出てくるでしょう」


純子ちゃん :「ええ...... どうすればいいのですか!」 


先生 「ヒーリングを行いましょう。ヒーリングの回数を重ねることで改善が期待できます」


肉体とスピリチュアル・ボディがありますが、このスピリチュアル・ボディには霊的エネルギーが流れ ています。肉体に血液が流れているのと同じく、スピリチュアル・ボディにも血液のようなパイプ、霊 的エネルギーが流れています。この霊的エネルギーは、年齢とともに自身が弱っている部分が詰まりだ してきます。ストレスが多い人は、胸の部分、もしくは胃のあるお腹部分。長年腰痛に悩まされている 人は、腰の部分。肩こりに悩まされている人は、首肩の部分で、四十肩、五十肩などあちこちで気の流 れが悪くなり、詰まりだすと肉体に影響を及ぼします。 

 霊的エネルギーの流れが悪くなると、比例してスピリチュアル・ボディがパワーダウンをします。反対に霊的エネルギーを活性化し、パワーアップすることができるのがヒーリングです。

スピリチュアル・ボディは人の活力であり、人が生きていく上で必要不可欠な霊的エネルギーです。

ご自身のパワー(チカラ)は練習すればするほど大きくすることができるのです。

 何かを身につけることによって多少パワーアップするということもいいのですが、それよりも自分自身がパワーアップすると一番効率が良く、元気でパワフルにエネルギッシュになれると考えています。


純子ちゃん :「先生、そうなんですね~。このスピリチュアル・ボディのことがだん だんわかってきたように思います。自分自身がパワーアップすること が、一番てっとり早いってことですね」 


先生 :「そうなんです!」 


先生 :「自身がパワーアップするコツなどは、後ほどレッスン方法でお伝えします」 純子ちゃん 「うわー楽しみ! 理論を知ってくると、パワーアップするということが大切なことがわかります。その方法を知って自身で練習することができればいいなあ」


先生 :「自身でパワーアップすることは、エコですね。何も必要なものはありません」 


純子ちゃん :「ほんとですね。わーい」 


ところで、肉体は年齢とともにだんだん老いていきますが、スピリチュアル・ボディは老いません。こ れもスピリチュアル・ボディの性質です。 


純子ちゃん :「そういえば、おじちゃん、おばちゃんでも大笑いしていつも元気な人がいますね。それは、スピリチュアル・ボディが元気ってことですね」 


先生 :「はい、そうです。肉体の中の霊的エネルギーが活性化していて詰まりがなければスピリ チュアル・ボディも大きく、パワフルで元気なのです。スピリチュアル・ボディが大き い方は同世代の人と比べると若々しくパワフルでいつも大笑いしています。反対に年齢 は関係なく、肉体の中の霊的エネルギーが詰まりだすと自然にスピリチュアル・ボディ はパワーダウンして元気がなくなり、体調不良になったり年よりも老けてしまったりし ます」 


純子ちゃん: 「なるほど......」 


 肉体はものですが、スピリチュアル・ボディはエネルギーの集まりなので衰えないのです。家電製品は古くなったら買い替えないといけませんが「電気エネルギー」そのものに、新しいや古いはありませ

ん。同じように、何歳になっても「もう年だから、今さらスピリチュアル ボディのレッスンなんて無理」と考えることはないのです。

では、スピリチュアル・ボディと肉体を、テレビに例えてみましょう。

テレビというものは、当然ながら本体を買ってきただけでは何も映りません。

使うためには、まず電源(パワー)を入れないといけませんね。

肉体も同じです。パワーを注入しなければ、ただの箱。

そして、肉体の外側も内側も、生命エネルギーである「霊的エネルギー」が通る細い管が縦横無尽に走っています。 その全体がスピリチュアル・ボディです。

バッテリーが弱くなると家電製品の働きは弱々しくなり、電源が切れればすべての製品は、その瞬間ただの箱になってしまいますね。

 人も同じです。スピリチュアル・ボディは呼吸によって外界から「気」のエネルギーを取り入れています。

 そのエネルギーが途切れると、人は生きていけません。

 また、スピリチュアル・ボディを取り入れた「気」をエネルギーに変えて体中に供給しています。発電所が作りだした電気エネルギーが、家電製品を動かすパワーになるのと同じです。

 スピリチュアル・ボディに何かのトラブルがあって障害が起き、エネルギーの供給は弱くなると、肉体の働きも弱くなります。

 そうすると元気がなくなったり、体の調子がおかしくなったりします。

 逆に、スピリチュアル・ボディにエネルギーがみなぎっていれば、霊的エネルギーの流れもスムーズです。

スピリチュアル・ボディが活発に働くことで、日常生活も活発に過ごすことができるようになるのです。

やる気もあり、物事をスパッと決断でき、穏やかな人柄で心が安定します。