コンプレックスは【自分の最大の武器】だった?!

妬み嫉み、コンプレックスをネタにして。 


若い頃は、コンプレックスを隠すことや、 カモフラージュすることに意識が向いてる方が多いと思います。 スマートな姿=カリスマ性だ、と間違った認識をしているのでしょう。


コンプレックスを必死で隠している状態なので、 人に指摘されたり、露呈するような状況になったりすると、たちまち心は折れてしまいます。


すっかり自信もやる気も失って、「もういいや」とあきらめてしまうのです。

 

しかし、人に自分の醜いところを話していくこと、 隠さず見せていくことができるようになるのです。


そして、率直に腹を割って話すことができるようになってきます。 自分が腹を割れば、相手も腹を割って話してくれます。


自分の恥ずかしいところを話すと、相手は親身になって、 親近感を持って聞いてくれます。 


そしてよりいっそう、あなたに興味を持つようになるのです。 自分にかっこいい看板を掲げると、人は声をかけづらくなります。


コンプレックスを表札にすることであなたの周りに人が集まるのです。