美容効果をUPさせる【フットバス】とは!?

フットバスの効果 

 

フットバスを行うのには、足の洗浄、殺菌と足の保温、角質を柔らかくする、リラックス効果を得るという目的があります。

足を温めるだけでも、足の緊張がホッと緩んで、全身がリラックスできるものです。 お客様も、足を浸けた瞬間「はぁ~、気持ちいい」とおっしゃる方が多いです。

普段はシャワー派という方も、フットバスをすると温まった血液が全身を巡り、体全体の疲れがとれるので、おすすめです。


フットバスのコツ 

・ お湯は少し熱めの 度ぐらいに。できれば、ポットにお湯を用意しておいて、差し湯をしな がら入るとベスト。 

・ お湯の量は、くるぶしの上まで浸かるぐらいにするとしっかり温まります。

・ アロマの精油(エッセンシャルオイル)を1~2滴入れると効果アップ! 

フットバスの裏技 

お湯を張るたらいなどの入れ物よりも、ひと回り大きい発泡スチロールの箱を用意します。そ の発泡スチロールの箱の中にお湯を張ったたらい(バケツ)を入れると、保温性がアップし て、お湯が冷めにくくなります。 

 

足の洗い方 

それでは、フットバスの中で、どのように足を洗うことがベストなのでしょうか?

 毎日の入浴でもできる簡単な方法は前述しましたが、フットバスではさらに丁寧に行ってみましょう。

私がおすすめするのは、この手順です。


1 せっけんをよく泡立てる。


2 足全体をまんべんなく洗う。


3 指と指の間、指のまたをしっかり開いて、手で丁寧に優しく洗う。

※ ナイロンたわしや軽石でゴシゴシこすると、皮膚を傷めるのでNG。


4 爪の指間ブラシか、使い終わった古い歯ブラシ(毛の柔らかいもの)で優しく洗う。 ※ 巻き爪の人は、爪の間にゴミが溜まりやすいので念入りに。

※ 爪の周りの溝、甘皮の下、爪の下の汚れを洗うことを意識して。


5 指と指の間にせっけんカスが残らないように十分に洗い流す。


6 乾いたタオルで水分を完全に拭き取る。

※ 特に指の間や裏は念入りに拭く。


 多くの人は、足の指のまたなどは汚れが溜まりやすいことをご存じなのですが、あまり知られていないのが、足首の内くるぶしの下側。ここはかなり汚れが溜まります。

毎日の入浴時にこのあたりを念入りにケアできればいいのですが、それはなかなか難しいでしょう。 

フットバスをしたときに意識してみてください。

洗い方を徹底すれば、足の匂いや水虫の予防にも効果があります。

 余談ですが、私がお客様の足をフットバスに入れて洗う際は、この足の内くるぶしの下の汚れが最初の段階でどのくらい出るかで、普段、お客様がどれくらい足のケアをしているかがすぐわかります。

足を洗っているかいないかが、ひと目でわかるのです。

 続いて足の指の間、爪の周り、指の上。この順番で触っていくと、お客様がご自身でケアしているか否かは大体わかってしまいます。

 また、足を洗うときに使うものとして、私はボディソープではなく「固形せっけん」をおすすめしています。

ボディソープだと汚れが足に残ってしまい、それがカスになって水虫菌のエサになってしまうことも......。

ですから、固形せっけんをきちんと泡立てて洗ってください。強さは顔を洗うのと同じで構いません。 足だからといって、ゴシゴシと力を入れる必要はありません。

度のお湯に足を入れているだけで汚れ が出てくるので、それだけでも十分なのです。 ドイツでフットケアを体験したとき、せっけんの泡の気持ちよさに感動しました。

 ドラッグストアには、足の指の間用のブラシというのもあるので、それを使うのもいいでしょう。歯ブラシをすすめる方もいますが、硬めの歯ブラシで爪の周りなどをやると結構痛いし、

傷つけてしまうことも。ですから、歯ブラシであれば、柔らかいものを選んでください。

 足の指の間は親指から1番、2番、3番、4番、5番と言うのですが、4番と5番の指の間と、3番と4番の指の間が一番水虫になりやすいと言われています。

ですから、特にその部分の指の間が裂けていないかというのはよく見てください。

こうして丁寧に洗ったら、シャワーやお湯で流せば終わりです。

 足をお湯に浸けている時間は、3~5分で構いません。 度のお湯だと最初は熱いなと感じるかもしれませんが、足の冷え具合によっても感じ方は変わってくるので、

できれば 度を保つようにしてください。

ここで、フットバスのお湯に入れる「アロマの精油」をいくつかおすすめしましょう。 殺菌したいと思うようでしたら『ティートゥリー』。 

足の臭いを軽減、殺菌消毒の効果があります。強めの匂いですが、殺菌と聞くと納得されるかと思います。

むくみを取りたいのなら、『サイプレス』をおすすめします。  

この精油には体内の水分を調整する効果があるため、老廃物の排出を促し、むくみを軽減すると言われています。

筋肉の疲労改善をしたいなら、『オレンジ』。 

 元気やエネルギーを与えてくれる精油なので、私は好きです。みなさんが一番想像しやすい精油かもしれませんね。

しかし、あくまでもアロマ精油は補助的なもの。基本的には粗塩を入れるだけでOKです。

セルフケ アのフットバスは、とにかく丁寧に足を洗って、よく拭き取るというのが鉄則。そこだけは強く意識してください。