女性必見!『残り物男子』の不安解消!?

恋はしたいけど、出会いの機会がない

そうお悩みの方も多いのかもしれません。

20代後半の頃から、確かにわたしも『いい出会いがない』と悩んだことがありました。

〝大台〟と言われる30歳直前の28、29歳の頃。

わたしも、もがき苦しんだ経験があります。

自慢ではありませんが、わたしはかなり男性にはモテた方。

見た目も、30歳直前とは感じさせない若々しさもありました。

ですが、彼氏ができない。コンパにも、隔週週末に参加するほどの行動力もありました。

そのコンパで、男性から連絡先を聞かれたり、お食事に誘われることもあったのですが、お付き合いするまでは至らず……。

コンパの後、必ずすることがありました。コンパに参加した女性メンバーだけの〝飲み直し兼反省会〟。

〝飲み直し〟なのですが、パーっと賑やかに……とは毎回ならないのです。

いろいろな意味で、みんな疲れている雰囲気を醸し出しています。

なぜなら、毎度のことながら今回もみんな収穫ゼロなんですもの。そして、誰かが口にする。

「20代の後半ともなると、〝残り物男子〟しか残ってないのかな……」

確かに、当時わたしも会社やお店で出会う素敵な男性は、もれなく既婚者。

コンパに参加してくる男性は、ちょっと一癖あるような男性ばかり。

薄々感じてはいましたが、口にするのが怖かった言葉。

「やっぱり、みんなそう思っていた?」

コンパで出会った方々の悪口を言うようで申し訳ないのですが、本当に〝灰汁が強い〟というか〝癖が強い〟というか。

『確かに、この人この歳まで結婚できないわけだね』と、申し訳ないのですが思えてしまうような方ばかり。

それを、コンパのたびに実感・再確認させられてしまう。

そして、ふと思うのです。

「あれ?もしかして、わたしたちも残り物ってこと?」

「自分たちが気づいていないだけで、わたしも灰汁が強いのかな?」

「……」

酔いが回ったせいなのか、お互いに思い当たるところがあるからなのか、フォローの言葉が見つからない。

そして、わたしたちは決めたのです。

しばらく、コンパはしない、と。

だって、コンパのたびに「この世には、もういい独身男性がいないかもしれない」と思わされ。

自分たちも、『残り物』なのかもしれない

コンパをしないことによって、出会いのチャンスは失うかもしれないけれど、今はするべきではないと、みんなで決めました。

それまでは、恋がしたいと走り続けていた。

20代が終わりを迎えることに、少し脅威を感じていた。川の流れに逆らうように、もがき続けてきた。

だけど、これからは少し自然の流れに身を任せてみようと。

諦めたわけではない。一度、自分自身を開放し、自由にしてあげたのです。

そうすると、自然に来るものです。

恋のチャンスが。

がむしゃらにコンパに行っていたことを、懐かしいとさえ思える頃にふっと素敵な男性が現れる。

わたしにだけではありません。

当時のコンパ仲間にも、順番に嬉しいお知らせが。

その後、30代は驚くほどに楽しかった。素敵な恋愛をして、めいっぱい遊んで、

自分の時間を有効に使い、新しいことにもたくさん挑戦しました。

『もう30代だから……』なんて、淋しい言い訳をすることは一度もなかった。

見えない未来は、時に脅威であります。20代から30代。女性として、やはり変化を受け止めざるを得ない年頃でもある。

だけど、考え方や捉え方次第で、いくらでも楽しめるのです。このときに、歳を重ねることの素晴らしさを知ったからでしょう。

30代から40代に変わるとき、ほんの少しの脅威も感じませんでした。

むしろ、楽しみでしかなかった。なぜなら、素敵な40代になりたい。という目標があったから。

30代の頃よりもっと、40代を楽しもうと思っているから。