女性必見!品格のある女性は〇〇〇〇である

品格美人を解説

品格美人というと、みなさまはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

凜としたたたずまいで、口数少なく、冗談なんて言わない。

隙がなくて、近づきがたい。

そんなイメージでしょうか?

わたしの知人に、40代の素敵な品格美人が大勢いらっしゃいます。

最初は、オーラがすごすぎて圧倒されるのですが、勇気を出して話しかけてみたらなんだかとってもチャーミングな方が多い。

本を出版されていたり、会社を経営されているような立派な方なのですが、物腰も柔らかく包み込んでくれるような優しさがある。

こちらが少し緊張しているなと感じたら、冗談を言って笑わせてくれる優しさも。

そして、少女のような笑顔を見せてくれる。

真の美人とは、人を見下したようにツンツンとしている、トゲトゲしている、

そんな人ではありません。もちろん、人に流されない〝自分らしさ〟という芯はしっかりと持っている。

自分自身の中に、信念や使命を強く持ちブレない強さがある。

その強さゆえに、冒険することを恐れない。

あなたは、新しいことにチャレンジすることに、億劫になっていませんか?

好奇心旺盛に生きていますか?

大いに遊んでいますか?

人生を楽しんでいますか?

とにかく遊ぶことで見つかること

20代、30代の頃のわたしは、とにかくよく遊びました。

わたしの人生のモットーは、『楽しむことに貪欲であれ』常に、楽しいと思えることを探して生きています。

友人、彼氏、お客さま……。わたしと関わりを持ってくださるいろいろな方が、それぞれ違う趣味を持っている。

ウェイクボードやスノーボード、ちょっとオシャレなバーベキュー。真夏の音楽フェスに宝塚歌劇団の観劇。

わたし自身では、自ら進んで行ってみよう、やってみようとは思わなかったこれらも、誘っていただいて行ってみたら、まあ楽しいこと。

アウトドア系は、日焼けをするのが嫌で少し億劫になりがち。

ですが、日焼け止めをばっちり塗って、多少日に焼けても楽しい経験に勝るものなしです。

もしも、自分の趣味ではないけど、誰かにお誘いを受けることがあったら、ぜひ億劫にならずに一度参加してみることをオススメします。

一度きりの人生なのです。そのお誘い、そのチャンスが次にまたあるとは限らない。

一度行ってみて、やってみて、もう二度と行かないか、ハマってしまうかはあなたが決めればよいのです。

『棚から牡丹餅』ってことわざがあります。思いがけない幸運が舞い込むことの例えで『棚ぼた』なんて言いますよね。

これも、結局は棚のあるところまで行ったから、牡丹餅にありつけたのです。

逆に言うと、棚のあるところに行こうと思わなければ、牡丹餅にはありつけない。

幸運をゲットしたければ、その場所まで行かないとね。

ただし、遊んでいてもなんだか疲れるだけ、とか、無駄にお金使っちゃったな、

というマイナスな感情が残るものは〝遊び〟ではありません。

それなら、しない方がマシ。何よりも、あなたの心が『楽しい』と思えなければ。

〝仕事が趣味〟という方

SNSが、これだけ日常生活に影響を与えているこんにち。

プライベートを充実させようと、無理して遊んでいませんか?それで、本気で楽しいと思えるのなら、

それも1つのきっかけになっていいのかもしれない。

でも、心が楽しんでいないのなら、見せかけだけの遊びはストレスになりますよ。

仕事が楽しくて、仕事のステップアップのために勉強するのが楽しくて仕方がない。

そんなときがあってもいいじゃない?

学生時代は、お金がなくても楽しめた。一緒に笑い合える仲間がいて。

アイデア次第で、なんでも遊びに変えられた。大人になって、お金のかかる贅沢な遊びも知った。

だから、わたしは〝遊ぶ〟ために〝稼ぐ〟。

そう発想を変えたら、仕事も楽しめるし頑張れる。

生活費を稼ぐためだけに働くって、少し淋しい。

わたしは、人生を楽しむために働いている。

そして、わたしの仕事は人を幸せにしている。

こんなに幸せなことはありません。

これから先の人生にも、やってみたいこと、行きたい場所がたくさんある。

わたしは、今40代。家庭があり、守らなければいけない子どももいる。

そんな責任感はしっかりと持ちながらも、心はいつも、いつまでも少女のような好奇心と冒険心を持っていたい。

一度きりの人生。時間にも制限がある。

あなたの、1分1秒。あなたの毎日を楽しまなくては損じゃない?

『楽しむことに貪欲』だからこそ、少女のように笑えるのです。キラキラと輝いているのです。