英語が身近になる!英語が話せるようになるマインド②

「間違えて当然」

英語を話す時に、文法、単語、そして"a"や"the"などの冠詞、前置詞、全てを間違えずに正しく話そうとしていませんか?

全てを正しく話そうとしたら、話せるものも話せません。

でも、多くの日本人が英語を話す時に、間違えずに「正しく」話そうとしています。

それは、私達が常々、テストで「正しい」答えを書くことが当たり前になっているからです。

その習慣が抜けないために、英語を話す時にも、「正しさ」を求めがちになっています。

おそらく、あなたが英語を話そうとしている頭の中は、

この文法で合っているのか?

この単語で合っているのか?

この前置詞で合っているのか?

など、ごちゃごちゃといろんなことが渦巻いているのではないかと思います。

もちろん、会話をする上で考えることは必要ですが、「間違っていないか? 正しく話せているか?」と

正しさを求めすぎて話せなくなっているようなら、その考えは捨ててしまいましょう。

むしろ、母国語の日本語ですら「正しく」使えていないこともあるくらいです。また、うっかり間違えることもあります。

それが第二言語の英語であれば、なおのこと「正しく」話せなくても何も問題はありません。会話はテストではないのです。

自分の言いたいことが相手に伝われば、正しい英語でなくても何も問題はありません。

間違えること=恥ずかしいこと?

私達日本人は、「間違えること=恥ずかしいこと」と認識していますが、間違えて恥ずかしい思いをすることも、悪いことではありません。

確かに、ものすごい間違いをした時は、顔から火が出るくらい恥ずかしくなることもあります。

私も留学中に、多くの間違いをしてきました。

"work"と"walk"の発音を間違えて、クラスメイトを怒らせたり、テストで知っている単語を書いたら、使ってはいけない言葉だったり、

ホストマザーが使っていたフレーズをよくわからず真似していたら、使い方が違って笑われたりと、

恥ずかしい思いも数え切れないほどしてきました。

間違えたその瞬間は、本当に恥ずかしくて穴があったら入りたくなるのですが、

そのおかげで、同じ間違いは二度としなくなりました。

また、私の場合、今まで経験してきた間違いをブログやレッスンで伝え、

それが英語を話せるようになりたいと思っている人の励みになっているので、間違えることは恥ずかしいことばかりではありません。

もちろん、間違えずに問題なく英語を話せるようになれることが理想です。

でも、私達は日本語を習得した時も、間違った使い方を注意されながら徐々に話せるようになったので、そんなことは不可能に近いのです。

それなら、「間違えて当然。間違えたら、次そうしないようにすればいい」という軽い気持ちで、

もっとオープンに英語でのコミュニケーションを楽しむようにしましょう。

その間違えた恥ずかしいエピソードが、私のようにいずれ誰かに勇気を与えることにもなるのです。