経営者必見!ビジョンアート®コンサルティングとは一体?

お伝えするアートはこちら

経営者様にアートを描いてくださいと言うと……、

「なに? アートって……絵を描くこと?」「どんな絵を描けばいいの?」

「何年も描いたことないから……無理! 無理! 絵なんて描けないよ!」大抵の方はそうおっしゃいます。

アートは、いきなり描くといってもまず描いた経験のない人のほうが多いですし、

ほとんどの方は大層な芸術的なものをイメージしてしまいますよね?

すごくわかります。その気持ちは……。

私も絵は、今も昔も大の苦手です。

幼い頃に描いて以来、何十年も芸術的なことには、真剣に向き合ったことはありませんでしたから。

しかし、私がここでお伝えしたいアートというのは、学校の美術の授業で教わるような模倣や、

綺麗に正しく描くことや、芸術的価値が重要とされるアートではありません。

幼い子どもが描く程度のアート(絵)で構わないのです。

道具などは、絵が描けるものであるならば、何を使っても大丈夫です。

平面的な絵だけでなく、造形したり何かを切り貼りしたりしても、まったく問題はありません。

表現することに、なんの規制も規則もないのです。

ビジョンアートRコンサルティングでいう「アート」とは、優劣をつけたり、上手・下手を比較したりするものではないからです。

自分自身の心の中にある想いをイメージにし、目に見える形に表現するためのアートなのです。

これで、大いにハードルが下がったのではないでしょうか!?

いやいや、反対に上がった方もいらっしゃるかもしれませんね。