ヒーラーになる方法を思考する3つのAnswer

ヒーラーになりたい!どうすればなれるのか考える。

Question

① 誰かを癒したり、エネルギーワークができたりする人に憧れています。

② 今は、時間もお金もありません。

③ どうしたら“ ヒーラー” になって、奇跡を起こせる人になれますか?


1 憧れたきっかけはなんですか?

楽悩 はじめのイメージはお守りにしよう

きっかけになったイメージをもういちど思い出してみてください。理想が鮮明であるほど乗り越えていく力になってくれます。心を動かされたときのことを自身の根底に持ち続けることで、つらく険しい道でも「内側から」の励ましとなり、強い光となって行く先を照らしてくれるからです。


2 ヒーラーに必要なものは何だと思いますか?

楽悩 興味が持てた時点で素質があると認めてしまいましょう


とても癒されたときのことを思い出してみてください。どんなとき、どんな風に「癒し」を感じましたか? 例えば、山を登る難易度やルートはいくつもあるように、学ぶ深さで次の目標や、必要なことは変わっていくものです。漠然としたイメージは、より具体的に落とし込むことで現実味が増して、進んでいく道の全体が見えてきます。


まずは、「A 理想となる大きな目標」と、「B 頑張れば越えられそうな目標」を立てることから始めましょう。ヒーラーになるためには、「何が必要?」「何のために?」と問い続けることで、深く学ぶことができ、自分のものになっていきます。これだけ情報があるのだから、近道の方法を知りたくなるのもうなずけます。


3 もし、「なれません」という答えなら諦めますか?

楽悩 「できそうなことから」とりあえずやってみる


どんなに素晴らしい素質を持っていたとしても、本人が動かなければ何も変わりません。そうは言っても、重い腰を上げるには「使命感や好奇心」が満タンにならないと難しいのかもしれません。いきなり覚悟なんてなおさら難しいですよね。


それに、実際にどう感じるかなんて、「やってみないとわからない」のです。一つひとつの行動はあなたにとってかけがえのない「チャレンジ」

です。そしてそれは、もっと大きな幸せをつかむために必要なことばかりなのです。

Message

歩み、気づき続けること

学ぶ=学校に行くことは、目標へ向かう最短ルートかもしれません。けれども、学校へ行ったら全員がその道で成功できると約束されているわけではありません。まして、高額であれば将来を約束してくれるものでもありませんし、そこでできる学びを生業としてやっていけるのか……。学校を生かせるのかどうかは、自分次第です。


ある程度の適性は数靈(運命)に現れますが、やる気と努力次第で足りない部分を補うことができます。頑張り続ける、諦めない「情熱」が必要ですが、やらなければ、せっかくの夢や目標も「モヤモヤを作り出す厄介者」に成り下がってしまうでしょう。簡単なことに魅力を感じますか? 難しいからこそ、立ち向かう力が湧きませんか?憧れを抱いたときの気持ちを、思い出してください。つらいときに引っ張り上げてくれるのは、「なりたい自分」です。何度もイメージして、情熱の炎を消さないように前へ進みましょう!