『きせき のぼるは小学5年生』第2章(前編)

※川合 仁美著書の『きせき のぼるは小学5年生』から一部抜粋記事です。


第2章 はじまり(前編)

のぼるは、目を覚ました。下で、お母さんがのぼるをよんでいる声が聞こえる。

「朝か」

もっと寝ていたいな。よっこいしょ。のぼるは、朝が少し苦手だ。みんながどうやって、朝、すっきり目覚められるのか、よくわからない。

「もう少し、夜、早く寝てみたら?」

「うわっ!!」

突然、女の人の声が聞こえてきて、びっくりした。

「はは。ごめん、ごめん。まだこの状況には慣れていないよね」

その声を聞いて、昨日のことを思いだした。


そうだった。これからは、ミシャがそばにいてくれるんだった。そう思うと、少し安心した。いつもひとりぼっちの学校も、少しはおもしろいかもしれない。

「そうだ、言っておかなければいけないことがあるの。わたしのすがたは、のぼるくんにしか見えないからね。わたしの声も、のぼるくんにしか聞こえないから」

え? そうなの?

「そう。でものぼるくんが声をださなくても、こうやって会話ができるから、大丈夫よ」

たしかに、みんなにはミシャのすがたも見えないし、声も聞こえないのであれば、のぼるが声にだして、ミシャと会話をしたら、みんなに変な目で見られるだろう。


わかった。気をつけるよ。ミシャは、大丈夫よ、というように、うなずいた。のぼるは、いつもぎりぎりになって起きる。だから、朝ごはんも、歯みがきも、顔を洗うのも、学校の準備も、いつもかけ足だ。お母さんの大声で、朝はうるさい。

「早く食べちゃいなさい!」

「歯はみがいたの?」

「まだ、学校の支度していないの?」

「何度言わせれば直るの?」

家をでるころには、のぼるは、カッカしている。お母さんは、本当に口やかましいや。


「それは、お母さんのせいなの?」

ミシャがのぼるにやさしい声で問いかけた。イライラしていたのぼるは、

「いいじゃん。どうでも」

「まずは、そのイライラを落ち着かせることね。それから、話しましょう」

のぼるは、いつもの通学路を、イライラとともに、ドシドシという足音をたてて、歩いていった。その足音を聞いていたら、なんだか、だんだんバカらしくなってきた。なんで怒っていたんだっけ?


「だんだん落ち着いてきたみたいね。話せるかしら?」

話す? 話すって何を?

「もちろん、今、のぼるくんが怒っていたことを、よ」

話してなんの意味があるんだ?

「今まで、話してこなかったのね。今、とてものぼるくんはイライラしていたよね。何にそんなに怒っていたの?」

お母さんが、いつも大声をだすからだ。


「お母さんは、なぜ、大声をだすのかしら?」

うっ。それは、のぼるが起きるのがぎりぎりだからだ、ということをのぼるはわかっていた。

「そうね。では、お母さんはどんな気持ちで、朝を過ごしているのかしら?」

怒っている。

「表面上では、大声をだしているし、怒っているわね。でも、お母さんは、のぼるくんが遅刻するのが心配なのではない?」

う、う~ん。そうかな。


「のぼるくんは、朝が苦手なのかもしれない。起こされるのもイヤなのかもしれない。でも、ずっとお母さんが大声をだしているのもイヤなのよね? イライラしてくるのよね? じゃあ、このイライラの伝染を止めるには、どうしたらいいと思う?」

早く起きる。

「それは大切なことね。でも、すぐに早く起きられるようになれる?」

無理。無理。無理!

「ふふ。のぼるくんは、正直ね。では、朝、もう少し余裕ができるようにするには、何かできることがあると思う?」

ない!


「はは。もう少し考えてみて」

う~ん。顔も歯も、朝に洗わなければならないし、朝ごはんも、朝、食べなきゃ、朝ごはんじゃないし!

「その調子!」

そうか! 学校の準備を、ちがうときにすればいいんだ。

「いいね! では、今日、さっそく、ためしてみよう」

え? もう? 今日から?


「もちろん。それが、いい考えだと思ったら、すぐにやってみることが、コツよ」

のぼるは、やってみようかな、という想いと、イヤ、まだやりたくないな、という想いと、両方の想いをかかえて、学校へ着いた。

「ふふ。とうとう、のぼるくんの旅がはじまったわね。ちょうど、入口あたりかしら」

ミシャは、何を言っているのだろう? どこへも行っていないし、入口なんて見えないけどな。

「いいのよ。またいずれわかるから」


学校のげた箱から、クツを取りだしていると、みんなが、「おはよう」と友だちを見かけると、声をかけている。のぼるに、あいさつをしてくれるクラスメイトはいない。みんなのあいさつを見かけると、いつも、のぼるは複雑な気持ちになる。のぼるも、あいさつぐらいできる友だちがほしい。でも、どう友だちをつくっていいのかわからない。もどかしいのだ。どうしていいかわからないから、らんぼうになってしまう。