ダメな不動産屋の見分け方と体験談。

不動産会社にメリットばかりの提案には注意が必要。

不動産業は、グレーな部分(違法になるかならないか微妙なところ)が多いといわれます。もちろん、そんなことはなく真面目に営業している不動産会社もあるでしょう。しかし、私がこれまで出会ってきた不動産会社は、そんなキレイなところばかりではありませんでした。


当然のことながら、不動産会社と一言でいってもさまざまです。自分たちが儲けられればそれでいいと考えているところ、営業電話を頻繁にかけてくるところ、家の前に車をつけて待ち伏せしてくるところ、そうかと思えばお客さんを第一にしっかり考えているところ。これらはどれも経験済みです。そのような不動産会社の中で、私がこれはやり過ぎなのでは? と思えた不動産会社の営業手法があったのでご紹介します(紹介してもよいものなのかとも思いましたが、もう数年前の話なので時効ということで……)。


住宅ローンの借入可能額の抜け道を使う業者

一人の人が組める住宅ローンというのは大抵ひとつであり、平均的なサラリーマンであれば、3000万~4000万円程度が借入可能額となるかと思います。そのため、3000万円ほどの物件を住宅ローンで購入した場合には、通常すぐに次のローンが組めるわけではありません。ローンを組むとその情報はCIC(Credit Information Center)やJICC(日本情報信用機構)といった信用情報機関にいきます(もちろん、クレジットカードやキャッシングの情報も同様です)。そうなると、どこでローンを組んでいるかも筒抜けですし、ここですでに数千万円の住宅ローンを組んでいるという情報が伝わっていれば、もう新たに住宅ローンを組むことは困難です。


しかし、銀行でローンを組んでから信用情報機関に情報が伝わるまでに、多少のタイムラグがあります。それを利用したうまい?やり方をしている不動産会社がありました。つまり、信用情報機関に情報が伝わる前に、ほとんど同時というタイミングで物件を複数、それぞれ別の金融機関で、住宅ローンを組むというものです。これでうまくことが運べば、一人のお客さんが自身の信用枠である3000万円を遥かに超えた1億円のローンを組み、あっという間に新築物件を3件同時に手にすることができるのです。分散投資にもなりますし、いいかもしれませんね、と言いたいところですが、業者の利益が多く乗っている新築物件で、しかも複数購入して不動産投資を成功させることは困難だと言わざるを得ません。やめておいた方が良いでしょう。


信頼できる不動産会社を探しましょう。

家の前に車をつけて待ち伏せしてくる業者も厄介でした。いくつもの不動産業者に話を聞いてみて、良さそうな物件や業者を探していた初期の頃の話です。一度詳しく話を聞いてみようと思い、家の近くのファミレスでその業者の方と会いました。この時点で、相手が二人組だったので若干警戒しました。話を聞き終わり、自分の求めている物件ではないなと思ったので、その日はお断りさせていただきました。


しかし、簡単には帰してくれませんでした。最初は好意的な態度だったにもかかわらず、断る意思を伝えたときから相手は高圧的な態度に変貌したのです。私はどちらかというと断るときは、相手に期待させたり、時間を取らせたりするのは良くないと考えているので、ある程度はっきりお断りさせていただいています。それでも、駐車場に着いてからも買え買えといった感じでずっと言ってきていました。深夜にもかかわらず迷惑でした。


次の日くらいだったでしょうか、懲りずにまた営業電話がかかってきました。もちろん、ここでも断ったのですが、さらに、2、3日経った頃、あげくの果てには、家の前に車をつけての待ち伏せでした。ここで強めに断ってようやく相手は諦めてくれましたが、ここまでしつこい不動産会社もあるのです。


数年前の話ですので、今は規制も厳しくなってきているでしょうし、さすがにこのやり方はもう存在しないかもしれません。ですが、悪知恵が働く人たちは多いもので、きっとまた新たにお客さんからお金を巻き上げる手法を考えついていることでしょう。不動産投資をする上で、信頼できる不動産会社を見つけることは大切です。信頼できる不動産会社とパートナーを組むことで、資産を築いていけるとよいですね。