税務調査の対象や当日の流れや準備しておくこと。

一本の電話から税務調査ははじまる。

税務調査についての知識、心がまえについて、解説いたします。「税務調査なんて。資産家の人のところに入るのでしょ? うちはそんなに大きな額ではないから大丈夫」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。ところが、平成27年1月1日の相続税改正により、相続税を納めないといけない人が増えてきます。相続税の申告をした方すべて、調査の対象になり得ますある日、突然、税務署から連絡があり、調査にやってくるかもしれません。そのとき、あなたはどうしますか?不安になるかもしれませんが、あらかじめ対策を立てておけば大丈夫です。


税務署は「相続税の納税義務者」を把握している

「お父さんの遺産を相続したけど、そんなに多くないから分からないだろう」そんなふうに思っていませんか。ところが、税務署は「相続税の納税義務者」が誰なのか、分かっています。それはどうしてでしょうか?税務署は、次のような仕組みで納税義務者を把握します。


被相続人が亡くなったら、死亡届を受理した市町村長が所在地の税務署長にその旨を通知します。それを受理した税務署長が、亡くなった方が住んでいた場所の税務署長に連絡をするのです。税務署は戸籍を調べ、相続人が誰なのか特定します


亡くなった方の所有する不動産の固定資産税評価額や預貯金などが、基礎控除額を超えていたら、「相続税の納税義務者」と判断します。税務署は、生前から、登記情報や固定資産台帳をもとに個人の所有している不動産を把握しています。特に、高級車やハイグレードなマンションなどは税務署の目を引きやすいものです。


このようにして把握した納税義務者に対し、税務署は「相続税の申告書」を送付します。相続税がかかるかどうか微妙な人に対しては、「相続税のお尋ね」を送付することもあります。「申告書」が送られてきた場合には、税務署から確実に相続税の申告が必要であると判断されているわけですから、当然のことながら、きちんと申告をしなければなりません。



しかし、「お尋ね」の場合は、資産の内容によっては「お尋ね」に回答するだけで終わる場合があります。このあたりは慎重な判断が必要ですので、ぜひ税理士などの専門家にご相談ください。さて、相続税の申告が必要な場合、亡くなられた日から10 ヶ月以内に相続税の申告書を亡くなられた方の住所地の税務署に提出します。税務署は、申告書をチェックし、疑わしい点があると「税務調査」を行います。金額の大きさは関係ありません。税務署が不審に思うのは次のような点です。


税務署が不審に思う7点

● 死亡した人の過去の収入と比べて、財産が少ない

● 奥さんは専業主婦のはずなのに、預金や株をたくさん持っている

● 子どもや孫名義の預貯金が年齢や年収と比べると多い

● 死亡した人の預金から不審な出金がある

● 子どもや孫名義の通帳の筆跡が異なる

● 子どもは遠方に住んでいるのに、被相続人の近くの銀行に定期預金がある

● 妻や子、孫名義の保険契約だが、保険料は被相続人が払っていたのではないか


つまり、亡くなった方の財産をできるだけ少なくして、相続税を払わないでおこうとしているのではないか、という疑惑をもたれているということです。相続税の税務調査が来るのは、資産家のところとは限りません。相続財産の多寡に関係なく、疑わしい点がある場合には調査が行われます。


税務調査は、どのように進められる?税務調査とはいっても、突然、自宅や会社にやってくるわけではありません。まずは、申告を依頼した税理士のところへ連絡が入ります。税務調査は三回忌を終えた時期にやってくることが多いとされています。


「えー、どうして今ごろ? もう終わった話では?」と驚かれるかもしれません。相続税の申告書を提出したあと、遺族の方が精神的に落ち着くのを待ち、一方で税務署としても調査のための準備を進めているのです。今回は一般的な税務調査の流れをご紹介します。

税務調査の始まり。

通常、調査員は2人組でやってきます。秋に多いと言われています(税務署は夏の人事異動を終えた後、秋から本格的調査をします)。標準的な調査の場合、2日間の日程で行われます。調査員は、身分証明書を掲示することが義務づけられていますので、確認をしましょう。


場所は、亡くなった方が住んでいた家に配偶者や家族がそのまま住んでいれば、そこで行います。税理士立ち会いのもと、多くの場合は朝の10時頃からスタートします。昼食をはさんで、16時頃には終了します(17時には税務署へ帰るため)。


まずは、一度、全員で居間などに腰をおろします。調査員は、最初から厳しいムードでやってくるわけではありません。普通に挨拶をしますし、ごく普通の雑談もします。「なーんだ、こんなものか、たいしたことはないな」と思うかもしれません。でも、ちょっと待ってください。油断をしてはいけません。


調査員は雑談の中で、いろいろな情報を得ようとしています。よくある対応として、1人が積極的にご家族と進んで会話し、もう1人が黙って聞いているというパターンです。黙っている方の人は単に控えているのではなく家の中をよく見て、情報を収集しているのです。また、トイレを借りて、暮らしぶりを観察することもあります。


税務調査員は、あらゆることに目を光らせています。雑談やトイレを借りるのでさえ情報収集の一環です。預金通帳や権利書などの重要書類、印鑑などは必ずチェックされます。日頃から整理しておきましょう。


まとめ

申告を正しくすれば、たとえ税務調査が入ったとしても心配はいりません。早めに準備対策を行っておきましょう。通帳や印鑑だけではなく、契約書、領収書など、税理士と相談しながらきちんと管理しておくと安心です。


【必ず保管しておくもの】

① 領収書 特に、死亡した方が、亡くなる直前にかかった入院・治療費は重要

② 権利書等