犬の疑問解決!ドッグフードの選び方!

原材料のトップに「肉」これがキーワード

あなたはドッグフードを選ぶとき、品質表示を確認して選んでいますか?

何を基準に選んだらよいのかといえば、原材料のトップに「肉」が表示されているものを選びましょう。

年齢に関係なくです。シニア用のフードには「肉」の配合割合が少なくなっているものがあります。

犬にとって一番必要な肉が不足すると、たちまち筋肉が衰えてしまいます。

シニア犬は、年齢とともに足腰が衰えてきますので、シニア犬にとっても「肉」は大切な栄養源です。

最近寝たきりのシニア犬が多いのは、シニア用のドッグフードのタンパク質不足が原因の一つではないかと考えられます。

肉を減らしてヘルシーに、これは人に当てはまっても、犬には当てはまりません。

また、最近ではがんにかかるワンちゃんも増えています。この原因の一つには、炭水化物などの糖質の取り過ぎが考えられます。

原材料のトップに穀物が表示されているフードは、糖質過多になりやすいので注意が必要です。

メーカー側からすれば、コスト削減、低価格にするため、肉を減らして穀物を多くせざるを得ないという事情があるかもしれません。

また、仔犬の場合は年齢表示を参考にフードを選んでください。仔犬は成犬、シニア犬よりもさらに高タンパク質が必要だからです。

フードの匂い

フードの匂いも判断の一つにしてください。あなたのワンちゃんのフードは、おいしそうな肉の匂いがしていますか?

酸化した臭いや腐敗した臭いはしていませんか?

かつて私が愛犬に食べさせていたフードは、おいしそうな匂いどころか、

「何でこんな変な臭いがするの?」と感じたことがあります。

今思えばその頃の私は、危険がいっぱいのフードを食べさせていたのですね。それも私に正しい知識がなかったからです。

当時の私は、ドライフードは変な臭いがして普通だと思っていました。

必ず価格だけではなく、品質表示を確認しましょう。もちろん、添加物もチェックしてくださいね。