犬の悩み解消!犬の健康はフードから!

ドッグフード自体もいろいろな問題を抱えている

私たち人の身体も食べ物でつくられています。犬も同様です。

実際、栄養不足や慢性疾患、皮膚疾患で苦しんでいるワンちゃんたちがたくさんいます。

それは、決して飼い主さんの愛情が足りないわけではありません。

それどころか、ワンちゃんに時間と愛情を惜しまない飼い主さんが、ほとんどだと思います。

犬たちは、人と暮らすようになってから食生活が大きく変化してしまいました。

特に、人間がつくったドッグフードなど、特殊な食べ物を与えられるようになってからはどうしても栄養に偏りができてしまいました。

人間視点での食べ物を与えてしまったり、誤った知識で食事を与えてしまったりしています。

実は、ドッグフード自体もいろいろな問題を抱えています。

食べさせて良い物、ダメな物たとえば玉ねぎ、ワンちゃんに玉ねぎを食べさせてはいけないことは皆さんよくご存じだと思います。

まず、人と犬は根本的に違うということを頭に入れておいてください。人には野菜が必要ですが、基本犬には必要ありません。

玉ねぎ以外にも食べさせてはいけない食べ物は、チョコレート、ココアなどを含むカカオ類、カフェインを含む飲み物、

わさび、コショウ、唐辛子などの香辛料、ニンニク、ニラ、生卵などがあげられます。

卵は、加熱すればタンパク源となるのでOK です。

手作りフードの注意点

肉を中心として穀物を少し加えます。基本、野菜は必要ありません。

手作りフードの場合、難しいのがビタミン、ミネラル不足に陥りやすいということです。

私たちが現在食べている肉と、昔、犬たちが食べていた肉とは、まったく違います。

犬たちが獲物を捕って食べていた生肉には、血液や内臓が丸ごと入っています。

現在私たちが食べている肉には、それがありません。

血液が抜かれていますので、どうしてもビタミン、ミネラルが不足してしまいます。

したがって、サプリメントで補わなければなりません。

犬が野菜を必要としないのは、獲物として食べている動物が、草食動物であるからなのです。

野菜を自ら食べなくても草を食べている動物を食べることで、必要な栄養が取れてしまうということです。