悩み解決には直感と瞑想が最適!その理由は?

悩んだときは直感に頼ってみましょう。

日頃、私たちは日常生活のほとんどを、思考に頼って暮らしています。しかしながら、思考ばかりに頼っていると、普通や常識といった価値観に縛られ、狭い範囲のなかだけで生きていくことになります。

結果、本来備わっている能力や可能性、湧き上がってくる本当の思いに対し、はじめから無理と思い込んだり、気づかないふりをしたり、ふたをしたりすることになります。あるいは、そういうことをし続けていくうちに、感覚が鈍り、気づかないままやり過ごすということも起きてきます。

考えたらいい案が浮かぶと思いがちですが、必ずしもそうではありません。前述したように、思考は経験値を超えないという言葉がありますが、思考はあくまで自分が経験したことがベースになっていて、ここから新しい発想は出てこないのです。もちろん自分と関わった人たちの体験を、自分のものとして認識してしまう場合もあります。

しかし、その経験はあくまで他人の経験であり、本来の自分がその経験の活用を望んでいるかはわかりません。考えても考えてもわからない、迷路に入ってしまった、行き詰まったという経験は誰もがあると思います。そのようなときは、思考のループにはまっているときです。いったん、その思考を手放してみましょう。そして、直感にゆだねてみましょう

直感を磨くには、瞑想が最適です。瞑想をするときは、思考を手放すことが大切です。はじめは5分間でも構いません。まずは思考を手放してみます。何か考え事が浮かんだら、今は考えなくてもいいと、考えないことを自分に許してください。そして、どうしても考え事が湧いてきたら、身体の感覚に意識を向けてください。そうすることで考え事から離れることができます

毎日、瞑想を続け、感覚を磨くことで、眠っていた本来の欲求、本当の気持ちに気づくようになっていきます。それは、元々の自分自身とつながることでもあります。がむしゃらに事を運ぼうとすればするほど、うまくいかなかったという経験はありませんか。それは思考で策を練り、強引に自分の思い通りにしようとした結果起きたことなのです。思考にとらわれず、ふと湧き上がった思いを大切にし、(こうしたい、こうなりたいという)意図を持ったら、後は手放してみましょう。

そして直感がきたら、それに従ってみてください。降ってきた、湧いてきた感覚を大切にしてください。思考は頭、直感は感覚です。直感は宇宙の叡智とつながっています