自分のしたいことが見つからない?答えは個性を磨くこと。

人生の宝物とは、自分だけの個性。個性を大切に。自分軸、自己愛を持とう!

人は一生のうちにどれだけの出会いがあるのでしょうね。出会いについて調べてみると、なんらかの接点を持つ人が三万人、そのうちの三千人が職場や学校やご近所さんなどの少し近い関係で、さらに親しくなると三百人ほどに減ってしまうとありました。同級生が約三百人だったので、それを考えると親しい関係を持つ人って意外と少なく感じます。でもそれは今の私だから思うことで、数年前なら妥当な人数だとうなずいていたかもしれません。すべてのご縁に心から感謝ですね。


子どもの頃の夢は何ですか? 私はマンガ家でした。絵を描くことが好きでノートの隅にいつも描いていたけど、そんな純粋な夢もいつしか消えて、幸せになることが夢へと変わっていきました。そんなときに女性起業家の話を耳にすることが増え、周りの友人も動きだし、光り輝く姿に焦りを感じて気持ちばかりがアタフタしていたことを思い出します。でもジタバタするほど、大切なものって見えなくなるね。本当はゆったりと構えてどんなときも広い視野でいられたら、随分と楽なのだけど。わかっていても難しいところですね。


でも、アタフタとしていてもやってきましたよ、お導きが。とは言っても、宝くじで三億円が当たって人生が劇的に変わるようなことではなくて、風向きが少し変わった程度で、先の見えない霧のかかったトンネルに少し光が差した感じかな。そしてモチベーションが上がり、それが根拠のない自信からきているものとわかりました。理由なくワクワクするときってありませんか? よくわからないけどうまくいきそうな気がするとか。


はっきりとは言いきれないものの、そこに確かな自信があり、強い想いが湧き上がってくる根拠のない自信。このなんとなくって感じが実は間違いなかったりするのです。「ほらね」ってどや顔ね。根拠パワーってガツンと強いのです。


今をトキメク人の観察をしているとすてきな発見が多く、キラキラやピカピカなエネルギーがあふれています。いい刺激になって波動も上がる。しかし自分にないものをガツンと見せられて落ち込むことも時にはあります。そんなときに突然「人と一緒って、楽しいのかな?」という言葉が降りてきて、慌てて首を横に振る私がいました。やっぱり人と一緒は苦手で、個性が大好きなのです。


そして人の個性がふわ~っと浮かび上がってくるので、そんなすてきな部分をお伝えすることも。そんな勢いでベタ褒めもしてしまうけど、決してお世辞ではないので受け取ってくださいね。なぜなら私もプラスエネルギーを頂けていますから。お互いに幸せっていいね。こんな魅力的な能力にも感謝するばかりです。


しかし、それでも否定をする人や個性を隠す人も実際には多くて残念。個性って自分だけの宝物だから、もっと大切にして自信に変えてほしいと願

います。そんな私の宝物は行動力です。いたって普通だね。私より行動力のある人って周りにもたくさんいるけど、そこを堂々と宝物と言い切ることにも狙いがあってのこと。人から見て特別感はなくても、自分に自信を持たせるためには都合がいいのです。だって人からあからさまに「えっ? そ

こ?」なんて顔をされたら普通は動揺するよね。


でも、そこをユラユラとしないように、自分に自信を持たせるための訓練。自分軸がしっかりとして自己愛が強いほど、人の評価は気にならなくなるものですから。すべては自分を高めるためのもの。なんて今は言っているけど、落ち着きのなさや後先考えない鉄砲玉を以前は短所としか捉えられず、ため息ばかりついていたのです。いいも悪いも紙一重ですね。


即決して失敗することも時にはあるけど、それに対しての後悔ってほとんどなくて、それはやらずして後悔の方が何倍も嫌だから。だから鉄砲玉の自分が今は大好きなのです。この瞬間って戻ってこないし、時間はお金で買えない財産だから、とても大切にしています。小さなチャンスも大きなチャンスもいつ来てもいいようにと、フットワークは軽くなくてはね。

人生の宝物。それは自分の思い(直感)を大切にすること。

直感、即決って瞬間に感じた偽りのない気持ちですよね。あなたは自分の気持ちに正直ですか? 悩むことや迷うことを好んでしていませんか? 今日はレストランへお食事に。メニューを開くとおいしそうな料理が並んでいます。どれにしようかと、当然のことながら迷ってしまいます。すべてがおいしそうで、メニューの写真がアピール。でも本当はここへ来ると決めた瞬間に、何を食べるかの選択はしています。


そう、今日はハンバーグにチーズのトッピングと決めていました。それなのに誘惑に負けてしまってオムライスに。そして数時間後にチーズの乗っかったハンバーグにすればよかった……なんてことはありませんか? またすぐに食べにいったりしてね。最初に浮かぶものって、やっぱり自分が本当に望むところ。そんなこともあり、今はどんなときも直感を大切にしています。瞬時に感じたその正直な気持ちって間違いがないから。以前は大いに悩み迷っていたけど、あるときに悩むことが急に面倒になったのです。


そこで、なぜこれまで散々悩んでいたのかと自分に問いかけてみてわかりました。それは自分の選択に自信がなかったから。「こっちの方がおいしいかな? でもこっちの方がおいしかったらどうしよう……」なんて天秤にかけて、損得で考えていたのです。損得って何でしょうね。自分のことなのに信じることもできず、自分の意思もそこにはないって、悲しすぎる人生です。


それでは何をしてもうまくいくわけがないよね。そこに気付いたときから行動力を大切にしています。行動力と自己信頼はイコールですね。そして日々の生活の中に自分を変えるメソッドがあるって、何だかお得ではないですか? あ、これが損得? 笑。


さて、こんなすてきな個性に加えて「どうして? なんで?」と子どものようにすぐ疑問を持つことも長所の一つです。もしこれを短所でいえば「理解力が乏しい」かな? でも疑問は自己成長につながるから、やっぱり長所として捉えようと思います。そんな長所のおかげで、疑問を抱くものに出会うと未知の世界を進む冒険家になったようでワクワクと好奇心が止まりません。


大きく話がそれましたが、焦りで未来探しを始めたときにとても役立ったものがありました。それはインターネットの情報。今では誰もが活用しているけど、この頃はまだスマホを手にしている人も多くなくて、私もときどき利用する程度。でも、夢や未来をしっかりと描いていたわけではなかったから、何を調べていいやら、本当に困ってパソコンとにらめっこの日々を過ごしていました。


そして最後の策としてパッと浮かんだ言葉や、これまでの気になっていたワードを検索するという投げやりな作戦に。でもこれも私にとっては、真剣な宝探し。たくさんの情報を目にして記憶に残らないものもあったけど、初めて聞く言葉や未知の情報が出てきたときは引き込まれ、面白い発見に心躍りました。夢中になると時間を忘れてしまうって本当ですね。そこからもっと先へと進み、気付くとスタートからまったく違うものにたどり着くことも時には……。知らないことを知り世界が広がっていく中でついに一筋の光が差したのです。


無駄な時間を過ごしているように感じるときもあったけど、宝物という自分の夢を見つけたいって強い想いが引寄せたことも、間違いないです。発見したものは、未来へ進むための扉の鍵。これはかたちあるものではなく、何かの入り口のようなもの。それが私には鍵のかたちとして見えたのです。それを手にして終了なのか、それとも扉を開けて先に進むのか。もしそこに恐れがあるとしたら、あなたはどうしますか? それでも私は迷わず扉を開ける選択をします。