引き寄せの法則の効果は抜群!願いを叶える3つのコツ。

①引寄せのコツは、叶うことを信じ、すでに叶った気分を味わうこと。

世の中にはたくさんの引寄せについての本がありますね。いろいろな方が書かれている本を拝見しながら共通する点を見つけてうなずいている私も、堂々と引寄せマスターと名乗っています。でも引寄せについて何かを発信しているわけではないので「本当はどうなの?」なんて疑われても、おかしくはありません。実際に引寄せを意識しているわけではなくて、すでに願いが叶う前提でいるので、あえて語ることもないんだよね。


なんて、ちょっと格好をつけてみたけど、それは今の私だから言えることで、昔は何かあるたびに「引寄せた!」って大騒ぎをしていたのだけどね。でも回数を重ねていくうちにいろいろな気付きや発見があって、捉え方や意識が変わっていったのです。「思考は現実になる」と多くの人が語っているけど本当のところを理解されている人ってどれぐらいいるのかな?


なんとなくの意識でも引寄せることってできるけど、そのときどきでブレがあってはちょっと残念だよね。せっかくなら思考をうまく使って、自分の思うままに願いを叶えることができたら最強。そこで大切なのは、叶って当然だという疑わない意識。私にとっての引寄せはまさしくそこです。


さていろいろと大きなことを口走ってハードルを上げてしまったけど、ここではこれまでの引寄せをご紹介しようと思います。でもその前に、引寄せとは何か知っていますか? 耳にしたことはあるけど詳しくないとか、なかなか引寄せられないという人も多いのではないかと思います。実際に私の周りにも首をかしげている人がいて聞かれることも多く、簡単なところからお伝えしています。

②引き寄せのコツは願ったときに喜び・感謝の気持ちを味わうこと。

たとえばカレーをつくろうとしたときに、あると思っていたジャガイモが切れていて困った……でも、その瞬間に玄関のチャイムが鳴ったので出てみると、ご近所さんが立っていて、手にはジャガイモの入った袋が! 田舎から送ってきたのでお裾分け…… なんて頂いたり、連絡をしようと思っていた友人と出先でバッタリ会ったり、ヘトヘトになった仕事帰りの満員電車で、目の前の席が空いてラッキーだったり。ふっと思ったことが叶ったり、すごくいいタイミングで物事が運んだりなんてこと。こんな経験を日常でしていませんか? これを偶然と済ませている人も多いけど、立派な瞬時の引寄せですよ。


こんな話をすると心当たりがあるようで、みなさんの顔が一瞬でキラキラに変わるので、とても嬉しくなります。言葉ばかりが先走って、とてつもなく大きな願いだけが引寄せと勘違いしてる人も多いけど、引寄せに大きいとか小さいとかって関係ないのです。普段から無意識にたくさんのオーダー

をしていて、それを引寄せていることを知ったあなたはこれからは偶然って言葉で済ませないでくださいね。その意識がまた次の引寄せにつながっていくから。そして小さな引寄せをコツコツとしているときは、自分の状態がいい状態でもあることもお忘れなく。


思考は現実になることを知っているのなら、引寄せには細かなルールは不要であることも意識するといいですよ。オーダーをしたらすぐに忘れる引寄せはシンプルさと感謝でバッチリです。

③引き寄せのコツは欲しいと願って忘れること。ベストなタイミングで叶う。

話が脱線しましたが、これまでの引寄せについてのお話を。記憶の中での一番古いものは、中学時代のお菓子の懸賞。大好きなタレントグッズがあり、どうしても欲しくて一枚の応募用紙にイラストを描き気持ちを込めて送りました。それが見事に当選して、嬉しさのあまり袋から出さないまま保管をしていたら、知らぬ間に母に処分されたという悲しみの思い出付き。このときに悟ったことは、大切なものほど真っ先に使うことです。


当時は今のように引寄せって言葉を耳にすることもなければ存在していたのかも定かではなくて、ラッキー程度に思っていただけ。少し前なら大騒ぎだけどね。でもこのときには他にも得るものもあって、願い事って本当に叶うと知りました。このときの純粋な喜びがきっかけで、数年後に訪れた懸賞ブームも率先して乗っかり、多くのものを手にすることに。


比較的当選率の高かった食品や生活雑貨、映画観賞券だけではなく、一名様だけの国内旅行やF1チケット、サッカー選手のサインボールに十数万円の車のパーツなど、ジャンルは問わず。でも、それが心から欲しくて応募をしていたわけではなかったのです。当たる喜びが忘れられなくて。人は感情を味わいながら生きていて、私もその一瞬の刺激を求めていただけなのです。こんなところから見ると懸賞って、とてもわかりやすい引寄せですよね。


さて、引寄せマスターと名乗ることとなったのは、懸賞ブームが去った十数年後に当時ご近所だった友達との会話がきっかけで。毎週のようにわが家へ届く宅配便を驚きながら見ていたと聞いて、数十年後のカミングアウトに私の方が驚きました。そんな頃に引寄せという言葉もメジャーになり、それでもピンとこず、他人事でした。その後、何度も友達が引寄せマスターと呼んでくれることで定着したという裏話付きです。


懸賞の当選は当然の意識であったけど、このときに唯一手にできなかったものもあったのですよ。それは車。本当に本当に心の底から望み、あの手この手を使って応募をしたけど、どれも見事に外れて納得いかないと真剣に首をかしげていたことも面白い思い出です。でも、このときは当選後の心配ばかりをしていて、当然の意識が実は薄れてしまっていたのです。


それは「どうしよう= 困るの」という引寄せ。思考は見事に現実になっていました。でも当時は引寄せの法則などを知らないので、とにかく納得い

かないと首をかしげていました。しかしその十数年後、どうしても必要になったときに引寄せが……。


このことで引寄せにはタイムラグがあり、すべては最高最善のタイミングでやってくることを知ったのです。宇宙にオーダーボックスがあって、そのときが来るのをワクワクしながら待っているイメージ。あのときは車が当選するという根拠のない自信もあったけど、それよりも強い「どうしよう」の思考が現実になり、タイムラグが生じたのです。


こんなタイムラグが逆に、私の引寄せ力が本物であることを再確認させてくれました。もしこのような経験がある人は、自分に置き換えて自信に変えてもらえたら嬉しいです。そして早速マスターと名乗ってみてくださいね。そうすることで自分へさらなる引寄せのパワーが乗りますから。言霊に背中を押してもらうのも大きな方法でもありますよね。引寄せはシンプルに、オーダーをしたらすぐに忘れることが大切です。