あなたの会社は効率良く業務が行われてますか?改善するなら5S!知ってますか?

生産管理の基本の5Sを理解する。

5Sとは、「整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketsu)・躾(Shitsuke)」のことです。各々のローマ字表記した日本語の頭文字のSをとって、「5S」と呼んでいます。製造業に携わっている方であれば、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、5Sを行うことで、生産効率が向上し、さらには経営向上にも繋げることを主な目的として実施されます。5Sは、製造業のみならず、卸売業、小売業、サービス業など、どのような業界であっても重要な普遍的知識ですので、経営の基本として、本記事でも紹介します。


① 整理

整理とは、必要なものと不要なものを分け、不要なものを捨てることです。5Sでは、最初に徹底すべき重要な項目であり、整理が徹底されなければ、5Sの徹底は、困難です。整理のポイントは、必要か不要かの判断基準を作ることです。例えば、1年に1回も使わないものは捨てるなどです。


② 整頓

整頓とは、置き場所、置き方を決め、必要なものをすぐに取り出せる状態にしておくことです。整理ができれば、次は整頓を徹底します。整頓は、ものを探す無駄を省くことが目的であり、整頓のポイントは、ものの使用頻度に応じて置き場所、置き方を決めることです。例えば、使用頻度の高いものは、作業場所の近くに置き、使用頻度が低く、あまり使わないものは、遠くに置くなどです。


③ 清掃

清掃とは、常に掃除をして、汚れを除去すると同時に細部まで点検することです。清掃の目的は、単に見た目をきれいにすることのみならず、清掃により、常に最高の状態を作り出すことです。清掃のポイントは、清掃の範囲や清掃の頻度を決めて、チェックシートなどを作成して、定期的に実施することです。


④ 清潔

清潔とは、上の3S(整理・整頓・清掃)を管理して、良好な状態を維持することです。清潔の目的は、その定義どおり、3Sを管理して、良好な状態を維持することにあります。清潔のポイントは、3Sの基準を定めてマニュアルを作成することです。


⑤ 躾(しつけ)

躾(しつけ)とは、決められたことを、決められたとおりに実行できるように習慣づけることです。躾の目的は、他の4Sを習慣づけてしまうことです。躾のポイントは、5S活動の目的を全員に理解・納得させて繰り返し徹底することです。5S活動を徹底・定着することで、あらゆる無駄をなくし、安全確保や、従業員のやる気が上がったり、製品やサービスの信頼向上などにより、顧客満足に繋がり、企業に利益をもたらす効果があります

どうでしたか。御社に当てはめて今できていないことを明日からでも取り入れて、業務効率、経営向上に繋げてみてください。