経営者なら当たり前!会社の会計を知っておくことの重要性

会計の内容を社長は把握されてますか?

皆さんは、「会計とは?」と聞いたときに、何を思い浮かべるでしょうか? おそらく「数字」「お金」というイメージがあると思います。間違いではないのですが、もう少し踏み込んで、会計について、本質的な部分を学んでいきます。


会計は、広く捉えれば、「家計簿」のように、日々の収入と支出を家計簿につけるものも含まれますが、本記事では、営利を目的とした企業(個人事業者・合同会社・株式会社を含む)の経済活動を対象とした「企業会計」を前提に学んでいきます。


企業会計は、企業の経済活動を記録・測定して伝達する手続きであり、その目的によって、大きく財務会計と管理会計に分けられます。財務会計は、企業の外部者(株主・債権者・従業員・国税局・取引先・一般消費者等の利害関係者)に報告するための会計であり、過去情報が中心ですので、過去会計です。外部報告会計ともいいます。一方、管理会計は、企業の内部者(経営者・経営管理者)に報告するための会計であり、将来の意思決定に役立つ情報が中心ですので未来会計です。内部報告会計ともいいます。いずれも、企業にとって重要な考え方ですので、まずは、財務会計と管理会計の両方の概念を理解しておいてください。

財務会計と管理会計の重要性

財務会計と管理会計は、いずれも企業経営を行うにあたって、経営者や経営管理者が必ず知っておくべき考え方です。実際、財務会計に関しては、顧問税理士に任せて対応している企業も多く、税理士に依頼すること自体は悪くないのですが、私の経験上、税理士に領収書や請求書等の書類を全て送付して会計記帳の全てを丸投げされていて、財務会計をほとんど理解していない中小企業がかなり多いことを私は問題視しています。


あくまでも会計を行う主体は企業であり、銀行や取引先などの外部の利害関係者に対して説明責任を有している企業経営者として、財務会計を理解しておくことは当然の義務と捉えなければなりません。少なくとも、税理士に毎月の試算表を出力していただき、それを確認することは、経営者としての基本的なスキルであると考えています。毎月の試算表を見ていないということは、経営の状態を正確に把握せずに、感覚的に、事業運営していることとイコールであるからです。航空機で例えると、コックピットの計器を全く見ずに事業運営しているに他ならず、危なっかしくて仕方がありません。


一方、管理会計についても、将来の意思決定に役立ち、企業の業績向上にも繋がる会計ですので、経営者・経営管理者としては、しっかり理解しておかなければなりません。『企業の業績の差は、管理会計の実施の差である』と言っても過言ではないほど、管理会計を実施することは重要です。いくら財務会計をしっかり実施して、試算表を毎月チェックしたとしても、それは過去の結果を現状把握したに過ぎず、将来のことを数字で把握して管理していなければ、取引先や従業員に対して、経営の方向性について説得力を持って語ることはできないためです。