セクハラ・パワハラ・モラハラの違いと、ハラスメントの基準について

職場でのセクハラ、パワハラ、モラハラについて。

ハラスメントには、さまざまなものがあります。例えば、セクシャルハラスメント(セクハラ)、パワーハラスメント(パワハラ)、モラルハラスメント(モラハラ)があります。


ハラスメントとは、相手の人格や尊厳を侵害する言葉や行動を行い、結果、いじめや嫌がらせとなり、精神的な苦痛を与え、人権を侵害することです。セクハラは、性的な言葉や行動で相手に精神的な苦痛を与えます。パワハラは、職権の力を利用して相手に精神的な苦痛を与えます。モラハラは、職場で無視するなど、言葉や態度で相手に精神的な苦痛を与えます。いずれも精神的な苦痛を与えて、人権を侵害します。


精神的な苦痛は、個人によって違います。同じ言動でも、人によって感じ方が違います。精神的な苦痛になる人もいれば、ならない人もいます。したがって、行為そのもので判断できるものではなく、その人の感じ方によって判断されます


ハラスメントによって精神的な苦痛があれば、相手と争う場合、損害賠償として慰謝料を請求します。また、職場でのハラスメントが原因でうつ病などの病気になった場合は、労災が認定される可能性があります


会社でのハラスメントは、行為者だけでなく、会社も責任を負いますので、ハラスメントのない職場環境にする必要があります。そういう環境にするには、会社でハラスメント防止の教育をする必要があります。万一に備え、会社の相談窓口や外部の相談窓口を確認しておくことも重要です。