顔面けいれんの症状は?原因は?

 顔面けいれんとは1日中、目や口周囲のけいれんしている状態。

顔面けいれんは顔の半分が自分の意志とは関係なくけいれんするもので、人前の緊張、ストレス、疲れ、強い閉眼などの顔面筋の運動などで誘発されやすくなります通常目の周りから始まり、徐々に口元へ広がります初めのうちはまぶたの疲れ時に出るまぶたのぴくぴくする症状と見分けが難しいときもあります。 徐々に進むと、あごの下の筋肉もけいれんするようになります。頻度は、最初は緊張したときなど時々だけですが、徐々にけいれんしている時間が長くなっていきます。


やがて一日中、ときには寝ていても起こるようになることあります。顔面けいれんの主な症状目の周りのピクピクとする症状から始まり、頬、額、口、顎へと症状が広がります。重症になるとけいれんが持続し、目や口周囲のけいれんが同時に起こり、顔が歪むことがあります。また、長期間、けいれんが続いていると、けいれんの無い時には顔面麻痺がみられることもあります。

顔面けいれんの主な原因は脳内の血管、腫瘍であることが多い。

顔面痙攣の主な原因は頭蓋内の血管による顔面神経の圧迫によるものです。稀に顔面神経を腫瘍が圧迫して痙攣を誘発させていることもあります。場合によっては強いくも膜によって圧迫されているだけの事もあります。


もう少し細かく言うと顔面神経は脳幹という脳の中心の部分から出てきています。脳幹には顔面神経の核があり顔面神経の核から顔面神経の線維が出て脳槽という空間を通り内耳洞内に入り頭蓋骨の中を通り分岐しそれぞれ各種コントロールしている部分(顔の筋肉、顎の筋肉、涙腺、鼻の分泌など)に細い神経を出しています。


その顔面神経の根本の脳幹から出てきている部分に動脈、又は静脈がぶつかっており神経を圧迫していることで、血管の拍動と共に神経が刺激され顔面の筋肉が不随意(無意識) に収縮して顔面のけいれんを起こしているのです。または顔面神経の周囲に腫瘍があり腫瘍が顔面神経を圧迫する事により刺激が伝わり痙攣を起こしていることもあります。


今、この記事を目にしているあなたは、心当たりのある症状を抱えている方かもしれませんね。または、ご家族や友人が似たような症状に苦しんでいるのかもしれません。きっと、苦しくてどうしていいかわからなくて、ここにたどり着いたのではありませんか。その気持ち、とてもよくわかります。