誰でも自宅で簡単にできる2つのストレス解消方法

手軽にできるストレス解消法

手軽にできるストレス解消法、言い換えれば手軽にできる深呼吸を促す方法を2つご紹介します。


①アロマを使ったリラックス方法!

まず1つ目は嗅覚を刺激することです。アロマテラピーというものがあります。アロマテラピーとは植物から抽出したアロマオイルの香りによって心と身体の健康を考える方法です。自分の好きなにおいを嗅いで、嗅覚を刺激することは呼吸運動を促し、リラックスすることに大変効果的ですし、手軽にできることなので取り入れてみてはいかがでしょうか? アロマオイルが身近にない場合には、好きな香りのお香とかお花の香りというのもリラックス効果が期待できます

②入浴によるリラックス方法!

そしてもう1つがお風呂、入浴です。1日の疲れを取るためにお風呂に入りますが、できればシャワーだけで済ますよりも湯船に入る入浴をおススメします。湯船に入ると息を吸い「ふーっ」と息を吐いてリラックスします。つまり深呼吸をしている状態です。あれも身体が出す呼吸ができる喜びの1つです。


シャワーをしているときは、「ふーっ」と深呼吸をしてリラックスする時間というよりも、頭を洗って身体を洗い……と一連の流れ作業のようになってはいませんか? リラックスというよりも、運動になっている気がします。これでは身体を緊張させる交感神経が優位に働いてしまいます。シャワーだと一連の身体を洗うという作業(運動)が済めば出るだけですが、この後に湯船に入ることで「ふーっ」と息を吐き新鮮な空気を取り込む深呼吸という動作がプラスされるわけですから、リラックス効果が期待できるわけです。


しかもお湯の温度によって、身体の外側から全身をジワーっと温め、血液の流れをよくして疲労回復にも繋がります。入浴剤を使うと味覚以外の五感を同時に満たすこともできます。毎日忙しく動いているし、翌朝のことを考えると入浴にそこまで時間をかけられない。手早くシャワーで済ませてしまおうと考えがちですが、入浴には呼吸運動を促し、副交感神経を優位に働かせるという効果があるのでおススメします。


全員に適応できるわけではありませんが、1日の終わりやお風呂上がりにお酒を飲む方もいます。好きなお酒を飲むという行為も「ぐびぐび」と飲み「ふーっ」と息を吐く行為なので、副交感神経を優位にするリラックス効果が期待できます。ただ気をつけていただきたいのが、楽しい雰囲気のお酒は副交感神経を優位にしてリラックス効果が望めますが、愚痴を言い続ける、聞き続けるような楽しくない雰囲気のお酒や飲みすぎは、交感神経を優位にして身体が緊張状態になりますのでリラックス効果が望めません。くれぐれも飲みすぎにはご注意ください。