FXでは9割が負け組!?負けている人の5つの特徴

FXで負けている人の特徴。

FXの世界では9割の人が負けていると言われています。大阪FX教室の講師として務めていく中で、投資で負けている人の特徴が見えてきましたので、ここでお話ししたいと思います。大きく分けて次の5つのパターンに分類できます。

負けている人の特徴

1.根拠のないトレードをする

2.トレード手法さえ知れば、誰でも簡単に大儲けできると思っている

3.自分に都合の良い解釈をする

4.資金管理の大切さを知らない

5.体調とメンタルトレード環境の大切さを知らない

それでは負けている人の特徴について、詳細をお話ししていきましょう。

1.根拠のないトレードをする

上がりすぎたからもうそろそろ下がるだろう、下がりすぎたからもうそろそろ上がるだろうという思惑だけでトレードする人は、負けている人の代表格と言っても過言ではありません。エントリー後、自分の予想の方向に値が動いたら大喜びし、損失が膨らんだら、どうしようと慌て騒ぐ、まさに一喜一憂する人が多く、そして、チャンスでもないところで無駄なエントリーをして、ポジポジ病(トレードがしたくて欲望が抑えられず、衝動的にトレードをしてしまうトレーダー特有の病気みたいなもの)に陥っている人はほとんど負けている人だと思います。これだと、ただドキドキ感を味わいたいだけでギャンブルと一緒です。

また、ここまで利益が出たら利益を確定する、ここまで損失が出たら損切りするなど、目標値を決めずにトレードをしているので、利益が出ていたのに、いつの間にやら損失が発生し、塩漬け状態という話もよく聞きます。何の根拠も持たずに成功するほど、投資の世界は甘くありません


2.トレード手法さえ知れば、誰でも簡単に大儲けできると思っている

特別な手法を知ることさえできれば、誰でも簡単に大儲けできると思っている人も、なかなか勝てるようにはなりません。簡単に儲けられると思い込んでいるので、間違った方向に全力で努力し続けます。多くの投資関連の本を購入したり、投資セミナーに参加して必死にトレード手法を勉強します。しかし、覚えたトレード手法を用いても勝てないので、「この手法はダメだ」と決めつけて、次から次へと新しい手法探し……の旅に出かけます。

誰でも簡単に儲けられる特別な手法なんて世の中に存在しません。

もし、そんなものが存在するとしたら、マスコミが大騒ぎするし、投資をしている人はみんな大金持ちです。仮に、そんな手法が存在するとしても、一般人にはそんなオイシイ情報はおりてこないでしょう。冷静に考えると簡単なことです。


3.自分に都合の良い解釈をする

損失が膨らんでいても、その現実を受け入れることができず、必ず元に戻ると、あれこれ自分に都合の良い理由をつくる人です。例えば、「アメリカが利上げしたから、円安になるはずだ!」とドル円が下がるたびにナンピンし(詳細は後述します)、どんどん損失が膨らんでいく人、よくテクニカル分析とファンダメンタル分析を頭の中で混在させている人に多い傾向です。相場は自分の都合の良い方向に動くほど、簡単なものではありません


4.資金管理の大切さを知らない

自分の投資資金に対して、オーバーリスクを取る人です。通常、投資の世界では、負けたときでも投資資金の1%ぐらいの許容で抑えるのがいいと言われています。極端な話をすると、20回連続で負けても単純計算でマイナス20%、全資産を飛ばす。ということはありません(上か下か50%の確率なので、20回連続負けということはさすがにないと思いますが……)。


しかし、大儲けしようと思って、オーバーリスクでトレードして一撃で資金を減らしたり、負けたお金を取り戻そうとして投入資金を増やし、取り返しのつかない状況になる人も多数いらっしゃいます。詳細は後でお話ししますが、「資金管理」は投資で勝ち続けるために必要な要素の1つです。


5.体調とメンタル、トレード環境の大切さを知らない

意外と意識されていないのが体調とメンタル、トレード環境の大切さです。体調や精神状態が悪い状態でトレードをしていても冷静に判断を下すことはできません。分析が雑になったり、負けが続くと、資金がなくなるまでトレードしてしまったり、ルールを破って普段では考えられないことをしてしまう可能性が高くなってしまいます。


また、体の調子が良いときと疲れているときでトレード戦略が変わってしまうことがあり、一貫性がないトレードをしてしまうことが、成績が安定しない原因になることもあります。また、トレード環境も非常に重要です。仕事の合間にスマホなどの小さい画面でチャートを見るとチャンスに見えて飛び乗りエントリーをすると負けてしまったという経験はないでしょうか? 後で見直すと、何でこんなところでエントリーしたのだろう? と後悔した方も多数いらっしゃると思います。


特にスキャルピング(短期取引)をする場合、スマホでトレードをすることには注意が必要です。回線が遅いので瞬時の判断が重要なスキャルピングでは命取りになることがよくあります。できるだけ回線の早いネット環境、分析のしやすい大きなPC画面でトレードすることをおすすめします。PCの周りも綺麗に整理整頓していた方が気持ち良くトレードができると思います。お金を稼ぐ活動をするのだから、もう少し真剣にトレードに取り組むことが重要です。