相手に依存してない?あなたを幸せにするのは「あなた」です。

自分の幸せについて考えていますか?

「結婚したいのに彼の気が進まなくて(もしくは反対して)、結婚できない」こういったセリフはご相談を受けていると、本当によく伺います(苦笑)。「結婚」の部分を他の願望に変えれば、「彼」の部分には「ご主人」や「親」、「常識といった世間一般的な意見」も入ります。できないのなら「いっそ邪魔者(?!)とのご縁を切ろうかと悩んでいる」というご相談も、併せて伺うことがあります。


そこで、「将来的には結婚したいのですね。では、もし邪魔する相手と縁が切れたとして、その後、あなた自身はどんな風に幸せになっていきたいのですか?」と伺います。すると、「……わからない」と困ってしまう人がいます。「○○したい」は、あくまで反対する人達が自分の望むように動いてくれることが前提で、決めてしまっているのです。


彼らの意志がまずあって、次に私の意志がある。だから、彼らが幸せへ進む道に早くGOサインを出してくれないと、私が幸せへ進めないというわけ

です。それはとても相手に対して依存していますし、自分の人生に対して無責任です。少々きつい言い方になりますが、まるで「私を幸せにしてくれるのは、彼らの役目」とでも思い込んでいるようです。


彼らにしてみれば、自分以外の人の人生の責任まで背負わされる感じがして、とても重たく感じていることでしょう。また、自分の気持ちが無視さ

れ支配されているようで、気分が悪いですよね。当然、思いっきり抵抗したくなります。自分で自分を幸せにしていきましょう

「相手がいてもいなくても、私は私を幸せにする為に将来的に○○をする」

このように、「自分の幸せを意識して大事にしていこう」と決めると、自分の選択を大事にできる分、相手の選択も大事にできます。迷って一緒に進もうとしない相手を、「私に従わないなら仕方ない。縁を切ってやる!」と、支配したり否定するような形ではなく、「相手が選んだことなら仕方ない。一緒に歩めたら嬉しかったけれど、歩めなくても最終的には、私も相手も幸せになればいいや」と、相手の意思を尊重した形を取れるのです。


それは自分と相手、人生を「信頼している」ともいえます。「どんな風に幸せになっていきたいのか?」自分なりにしっかり考え、意識して生きていきましょう。なお、こうした姿勢は幼い頃に、親から期待通りの行動や生き方を強制されたり、行動に干渉されて自分の意志を無視や否定されてきた、といった経験から来ることもあります。


その場合、カウンセリングの利用や信頼できる人に、傷ついた経験や気持ちについて話し、まずは傷ついた心を癒やしましょう。その後、自分の幸せについて考えていきましょう。