ジェットコースターのメーカー事情!?コッソリ教えるお得な話その3

コースターのメーカーが事前にわかるサイトrcdb

その3はその2でご紹介したB&M製のジェットコースターが、どこにあるのか調べる方法です。

もうマニアックの極みのような気がしますね(笑)。

実は世界中のジェットコースターが、どのメーカーで作られたものかというデータベースサイトがあるんです。

その名もRoller Coaster DataBase(URL:https://rcdb.com)そのまんまな名前です。

ちなみにジェットコースターというのは和製英語で、正式にはローラーコースターといいます。

業界では頭文字を取ってrcdbと呼んでいますが、rcdb で検索していただければ、トップに出てきます。

このサイト、メーカー名で検索することもできますし、テーマパーク名で検索して、

遊びに行こうと思っているテーマパークにあるジェットコースターがどんなタイプか調べることもできます。

立って乗るタイプであったり、定員表示であったり、写真がたくさん掲載されていたりします。

私は事前に調べてから行くのですが、こんなことをしているのは私ぐらいでしょうね……。

もちろんメーカーごとに特性、得意分野がありますので、これは乗っておいたほうが得だなぁというのがあるんですよ。

その中でもB&M製が私にとっては格別で、必ず乗るようにしています。

もしジェットコースター好きの方がいらっしゃいましたら、一度rcdb をご覧ください。

そしてメーカーごとにジェットコースターを乗り比べてみてください。

ジェットコースターのソムリエみたいに、乗っただけで、安全バーの形状などを見ただけで、

メーカーがわかるようになりますよ。