語彙力を鍛えよう!子供の成績が比例して上がっていく?

語彙力と成績は比例する。

語彙力に関する興味深いデータがあります。岸本裕史氏によると、小学1年生で低学力の子の語彙数は1500語程度、ふつうの子だと3000語程度、賢い子になると6000以上の言葉を知っているそうです。なんとその差は4倍


学年が上がっても、語彙数と成績はみごとに正比例していたそうです。語彙が多いほど本に親しむ傾向にあり、読書を楽しむ習慣のある子は雪だるま式に語彙を増やしていくため、知っている言葉の数の差はどんどん大きくなっていくのです。高学年になるにつれて、日常生活では使わない言葉がたくさん教科書に出てくるようになります。語彙力がない子は、そういった言葉の意味がわからず、授業についていけなくなってしまいます


国語教室の生徒さんたちを見ていても、知っている言葉の数が多い子ほど、テキストの内容や私の説明を理解する力もあるため、成績も伸びやすい。言葉のやりとりも活発なので、表現力も豊かになり記述力もついてきます。そういった子は、解き方のコツさえつかめば、短期間で国語を得意科目にすることができます。


読解力に関してもうひとつ見逃せないのは、語彙数と読書スピードとの相関関係です。国語の点数の低い子は、限られた時間内に読解問題を読み切れていません。彼らは、ほぼ例外なく言葉を知りません。見慣れない言葉が出てくるたびに立ち止まり、テンポよく読むことができません。知らない単語はすっ飛ばして読んでしまう子もいます。


その結果、何を伝えたい文章なのかはわからないまま。これでは、とりあえず答案用紙の空白を埋めることで精いっぱい。「どうしてこんな答えを書いたのだろう?」と親は首をかしげますが、当然の結果でしょう。子どもの語彙力が気になる方は、ネットでも語彙力を計測することができます。「語彙力、測定、日本語」などのキーワードで検索すれば、いくつかの無料サイトがヒットします。そのテストを受けることで、おおよその現在の語彙力を知ることができます。

日常を言葉化しよう。

子どもがあることをしたり感じたりした時にタイミングを逃さず言葉に置きかえてあげることが、語彙力アップのポイントです。ものやこと、感情、経験が周囲の誰かによって言葉で定義される、つまり、言語化される場面を繰り返し与えられることで、子どもは言葉と意味をつなぎ合わせる作業を行います。そうして言葉の意味が「わかる」ようになります。


親は、目の前で起こっている現象や気持ちを言語化するお手本を見せてあげましょう。経験しながら学べば理解も早いし定着もしやすいのです。まだしゃべれない赤ちゃんがにっこり微笑んだ時、周囲のおとなは「うれしいね」「楽しいね」などと声をかけますよね。その習慣をできるだけ続けてみてください。


「いまいましい」、「やりきれない」、「微笑ましい」などの複雑な心情を表す言葉でも、子どもがそんな気持ちになっている時にタイミングよく言葉化してあげると、子どもは耳慣れない抽象語の意味を理解できるようになります。「冷たい」という言葉の用い方もひとつではありません。「あの人は冷たい人だ」、「雪を触ると手が冷たくなる」といった経験をした時に、おとなが口に出して表現してあげることで、子どもは言葉の微妙な違いを覚えていきます。こういった機会は日常にいくらでも見つけることができます。言葉を学ぶための特別な時間を作るよりも、ずっと効果的で楽な方法です。


また、幼いうちに併せて身につけたいのが、あいさつと正しい言葉遣い。言葉は生活習慣と深いつながりがあります。「いただきます」「いってらっしゃい」「さようなら」など、実際の声かけの様子を見ることで、子どもはどんな状況でどんな言葉を使うのかがわかるようになります。あいさつはコミュニケーションのきっかけとなります。活発な会話ができるように、幼い頃からあいさつをしっかりできるようにしておきましょう。


あいさつ同様、時と場所に応じた言葉遣いができないのも困りもの。幼いうちに正しい言葉遣いを身につけておけば、おとなになって恥をかくこともないでしょう。中高生になった時にも、親密度を増すために友だち同士では流行り言葉でおしゃべりをしても、必要な時には立場をわきまえた言葉遣いができます