コミュニケーション能力を身につけることは不可能を可能にすること

コミュニケーションは味方作りの〝入り口〟

「コミュニケーションは得意ですか?」と質問すると毎回、大部分の方は「苦手」や「あまり得意じゃない」とおっしゃいます。「じゃあなぜ苦手ですか?」とお聞きすると「何を話していいかわからない」「話すのが苦手」というお答えがほとんどです。でも、話すことが苦手 コミュニケーションが苦手でしょうか?


コミュニケーションはよくキャッチボールにたとえられる様に双方向にやり取りがあって初めて成立します。自分や他人から分かりやすいのが発信である『話すこと』なので、苦手意識を持つ方が多いですが、コミュニケーションは『聴く』ことや『理解する』ことで決まると言っても過言ではありません。


人はだれでも自分のことを知ってほしい、聞いてほしいという願望があります。自分のことを理解してくれる人を信頼し、さらにもっと知って欲しいと思い、相手のことも知りたいと思います。

コミュニケーション能力を獲得できれば、プライベートも仕事も幅が広がる!

私はコミュニケーション力があって、得をしたことは数え切れないほどありますが、損をしたことは一度もありません。日常生活ではお店の人と仲良くなって、おまけしてもらったり優先的に予約してもらったりということがよくあります。コミュニケーション力があったおかげで色々な人のご縁をいただき、仕事もプライベートも幅を広げることができました。一人では到底できないことも多くの人の協力のおかげで、成し遂げることができたと感謝しています。


今では周りからは「コミュニケーションのプロ」と言っていただき、企業や学校などで研修をさせていただけるようになりました。でも、昔からコミュニケーションが得意だったわけではなく、20 代前半まではあまり他人に心が開けませんでした。


今思うと開きたくないというよりは、開き方がわからなかったという感じでしょうか。「誰かに頼むなら、大変でも自分でやろう」と思っていたので、残業も多かったことを思い出します。できるなら、まだ社会人2、3年目の自分に「もっと他の人を信じて、お願いできたら世界が広がるよ」と教えてあげたい気持ちです。


なので、今同じ悩みを抱えている方に少しでもお役に立ちたい気持ちで情報を発信させていただいております。コミュニケーション力は特別な能力ではなく、コツを知ればだれにでも身に付けられる能力だと思っています。


私ができたように、見方、考え方を少し変えてみると世界ががらりと変わり、ひとつ上のステージに進めます。一人では到底乗り越えられないような高い壁にぶつかった時には、コミュニケーション力は大きな力を発揮してくれます