笑うことは心も体も健康にする最高の良薬!今笑えないあなたへ。

笑うことは体にも心にも良いこと。

数回、数十回の時もあれば全くない日が続く時もあるかもしれません。人の表情は脳の働きによって作られるものですが、普段は無意識の内に心の状態が表情として表れてしまいます。特に年を重ねると肌の弾力が低下してくるため、表情筋がよく使われている部分とそうでない部分の差が顕著に出てきやすくなります。


シャツにシワが付いてしまうように顔にも普段よく表れる表情のシワがついてしまうものです。今では様々な技術で人工的な手を加えることが可能ですが、本来の姿のまま、顔に刻まれた歴史とともに年を重ねていくことが自然な生き方だと思うのです。


笑うことは、心や身体、そして自分や周りの人に対してもいいことばかりです。何よりも身体的、精神的なストレスの軽減につながります。例えば、交感神経が高ぶりプレッシャーや疲労でストレスが蓄積した状態の中でも、テレビで芸人さん達の面白いコントなどを見て笑うと、スッキリした気分を味わえるのはよくあります。


これは、笑うことで副交感神経が優位になり、血流改善や筋緊張の緩和、血圧を下げたりする効果があるからです。また、しっかり笑うことで横隔膜や腹筋群を使うのでお腹のマッサージをしているのと同じ状態になり、便秘予防や胃腸の働きが改善します。さらには身体にとってとても大切な免疫機能にも働きかけることができるようです。


楽しいという情報が大脳辺縁系で快の情動を呼び起こします。また、笑うという行為の判断・調整をする前頭葉に刺激が与えられることで、その情報は間脳に伝わり、やる気や幸福感を促すホルモンだけでなく、免疫機能を活性化するホルモンも分泌されます。



このホルモンが分泌されることによって身体中のパトロールをしているNKキラー細胞が活性化し、ウィルスに感染した細胞や細菌、そしてがん細胞までも退治してくれるのです。このように、笑うことができれば、心にも身体にもこれ以上はない健康法となるのです。


ですから、もしも自分の周りの環境が日々楽しいことで溢れていなかったとしても、笑うという行為によって顔の表情を笑顔にしてみてください。そうすることで、脳は本当に笑っていると勘違いし、少なからず本当に笑っている時と同じ効果があるようなのです。


また、自分の健康のために、意識的でも顔の表情をにこやかにしていることは、アクビが伝染するようにあなたの笑顔も周りの人に伝染していきます。お母さんが笑顔で赤ちゃんに接すると、赤ちゃんも無意識に真似をして笑顔になり、また逆に赤ちゃんの無垢な笑顔はその周囲の人を笑顔にして温かい気持ちにさせてくれます。それと同様のことがあなたの周りでも起きるのです。


しかしながら、長い人生を歩んでいく中で、笑うことが心や身体にどんなに良いと解っていても、愛想笑いばかりしている日々を送ることで心が疲れてしまったり、その愛想笑いすらできない時もきっとあるはずです。

悲しみがあるから楽しいことが理解できる!

「顔で笑って心で泣いている状態」を続けるのはとても苦しいことです。陰陽五行説の太極図でも解るように、陽の中にも必ず陰があり、陰の中にも必ず陽があります。常に笑い続ける人生も常に泣き続ける人生もあるはずがありません。悲しみがあるからこそ、笑いの奥深さを知ることができ、楽しいことがあるからこそ悲しみに耐えられるのではないでしょうか。


人は絶望や落胆の経験によって悲しみの感情が湧いてきます。その悲しみと向き合うことは、決して綺麗事ではなく、とても泥臭いものです。他人には見せたくない怒りや後悔、憎しみや恨みの感情で覆いつくされることは自然な流れだと思います。ですがそのような感情は、時間をかけて消化していく努力をすることが必要です。


そうすれば、心の成長、人としての成長につながっていくものだと信じています。一方、現実と向き合う勇気がなく、最初から悲しみを受け入れず、自分の感情と対峙できずにいると、ただただ困惑し、不安になり無気力な状態になってしまうでしょう。

その結果、心や身体の病気になってしまう危険性があります。


顔の表情筋は数十種類あり、色々な表情が可能です。機能性も兼ね備え、心の機微も表情豊かに表現できる顔を単一的な表情で固めておくのはとても不自然です。何もしないと、身体中に付着している筋肉同様、ただ衰えて凝り固まってしまうだけです。自分の周りにある自然や動物、人から受ける刺激は常にいい刺激ばかりではありません。


ですが、どんなものでも享受できる器を兼ね備えて、対処していける能力が人間にはあります。常に感情を表に出して生活することは不可能です。でも、自分の気持ちに嘘をつかずにいられる場所を見つけ、自分と向き合う勇気を持つことはとても大切だと思います。それができれば、どんなに涙で顔がぐちゃぐちゃになっても、心から湧き出る偽りのない笑顔を取り戻せるのではないでしょうか。