年齢を重ねるのは素敵なこと。女性本来の綺麗が開花する時期!

成熟期・更年期を迎えるあなたへ

今現在、社会では小さな変化を敏感に察知し、柔軟かつ細やかに、そして複数のことを同時に対応できる女性特有の能力が必要とされています。そのため、男女の性別の違いを超越して、色々な場所で「女性」が活躍できる機会が増えてきました。特に成熟期・更年期を迎える女性の社会進出がこれからの時代を切り開いていくと思います。


成熟期とはどんなもの?

ただ、成熟期は、女性らしい美しさが全開になり、体内環境も妊娠するには最適な時期になるため、人生の中でも大きなターニングポイントとなる、結婚・妊娠・出産を経験する人も少なくないと思います。そのため、社会進出と家庭生活の両立をしていかなければならない状態になり、人生の中で一番心身ともに安定している時期であるはずが、様々なストレスを抱えてしまうことでバランスが崩れやすくなる時期になってしまう方もいると思います。


社会で男女平等が一般的になったと表面的に謳われていても、内情は全ての女性が100パーセント仕事に没頭できる社会状況が構築されてはいません。生活時間に占める家事や育児の比重はまだまだ男性より多く、また身体の構造自体も男性とは異なり一生を通して心身のバランスが崩れる機会が多いのです。若さゆえに心に蓋をして身体のSOSを顧みずに突っ走ってしまうと必ずどこかでつまずいて転んでしまいます。身体に無理をして頑張れる時期だからこそ、少し立ち止まって自分の心や身体の声に耳を傾けてみてください。


成熟期における女性らしい美しさを保っている要因のひとつとして、女性ホルモンのエストロゲンの活躍があります。例えば肌の潤いや髪の毛の艶を保ち、骨や血管を丈夫に保つことができる効果は周知の通りですが、その他にもエストロゲンがしっかり分泌されているおかげで、脳内物質に働きかけているため、気持ちを落ち着かせ、やる気や集中力を発揮させ頭がクリアになった状態にしてくれるのです。逆に分泌量が減少してきたときの状態が一番実感できるのは、生理の周期の後半から感じ始める体調の変化です。


生理の周期としてだいたい25 日~ 38 日が正常な範囲のリズムです。生理が終わって約半月ほどは体調もよく、活発に過ごすことができます。ですが、次の生理の1週間前頃からだんだん身体が全体的にむくみ重く感じたり、顔に吹き出物ができてしまったり、気分もイライラしたりと、何となく不調を感じる人が多いのではないでしょうか。


これは、エストロゲンの分泌量が生理後約1週間でピークになり、その後排卵時期を境に徐々に分泌量が減り、一気に少なくなるのが次の生理の約1週間前に相当するからです。そのため、ダイエットや重要な仕事を一気に推し進めるのは生理終了後から排卵日前がベストになります。女性ホルモンは、脳で指令を受けた卵巣から分泌され、血流にのって全身を巡るものです。


精神的なストレスや過度なダイエット、不規則な生活で体内時計が狂い始めると脳内のバランスも崩れてしまい、せっかくの女性ホルモンの恩恵を受けにくくなってしまいます。成熟期だからといって無理は禁物です。

更年期とはどんなもの?

そして、ついに鏡に映った自分の姿に衰えを認めざるをえないのが、更年期です。卵巣の機能が完全に消失するまで、脳と卵巣のやり取りが矛盾状態にあります。女性ホルモンの分泌を促すために脳内では一生懸命に卵巣へ「エストロゲンを出して!」と指示します。でも、卵巣が「エストロゲンの在庫がありません!」と脳の要求に応えられない状態


そのため、脳内や卵巣にストレスが溜まってしまうのは想像がつきます。この矛盾に身体が慣れるまで、全身をコントロールしている自律神経が不安定になるため、様々な不定愁訴が起こってしまいます。ただ、これも長い人生の中では一時的なものであり、また、周囲の人の協力や自分の気持ちを切り替えるだけで症状の度合いや期間も異なってくるように思います。


一般的に更年期を迎える女性は、家族・社会の中心にいることが多く、夫や子供の問題・介護の問題・仕事に関する問題を抱えている時期です。そのため、自分と向き合う時間すらない人もいるかもしれません。ですが、あなたの存在は他には代えられないほど大切な存在で、天秤の中心軸になっているのです。だからこそ、自分が自分でいられる場所や人を探し、少しでも自分の時間を作る必要があると思います。


身体のバランスが崩れ始めると心の状態も不安定になります。人と接するのが億劫になってくる人もいるかもしれません。ですが、人はつらい時こそ誰かに「本当の自分の気持ちに気付いてほしい」、「共感してほしい」と心の中で望むものだと思います。そして、人との関わり合いの中で癒されていくのではないのでしょうか。


更年期は先述のようなエストロゲンの恩恵が受けにくくなってくるため、マイナスのイメージがあるように思います。ですが、今まで女性らしい健康的な美しさを保っていた身体の一つひとつの機能に感謝し、大切にケアしてあげる機会として気持ちを切り替えてみてはどうでしょうか。


そして、これからは次のステージに向かうため、外見上での女性らしさより内面的な女性らしい生き方を模索していくターニングポイントだと、あなた自身の身体が示してくれているのではないでしょうか。女性としての本当の美しさが、これから開花するものだと信じています。