幸せになる近道は感情?人一倍幸せを感じるには何をすべき?

自分を責めないで!感じるハートを磨いて幸せの感度を高めていこう♡

もう責めなくていい♡私たちはこれまでもう十分すぎるほど自分を責めてきたはずです。だからもう、これ以上、自分を責めるのはやめよう。たとえ失敗と思えるようなことだって、うまくいっていないように思えることだって、そこにあるのは責めるべきことではなくて、気付くべきことです。その失敗もうまくいっていないように思えることも、私がダメな人間だからではなくて、むしろ素晴らしかったからこそかもしれないのです。


人生は失敗から学ぶことのほうが多いもの。失敗を恐れて何もしないよりも、失敗できる人のほうがよっぽど魅力的だと私は思います。いつ、どんな時も、愛に見守られているから大丈夫!「さあ、失敗しよう♡」


「さあ、感じるハートを取り戻そう♡」幸せ探し名人になるために、ハートを大きく開いて、感受性を高めていこう。五感をフルに活用して、目の前の景色を、あなたの人生を思いっきり味わっていこう♡私たちは小さい頃、恐い思いや悲しい出来事などを経験した際に、こんな嫌な感情はもう感じたくないと感情にフタをして、感覚を鈍らせてしまっていることがあります。また、目覚ましい技術の進歩の裏側で自分の持っている感覚を鈍らせてしまっているということもあります。

感情は豊かな方がいい!たくさん悲しみも喜びも幸せも感じちゃおう♡

そして、「泣くのは弱い人のすることだ」「感情を出すことはみっともない」という思いによって、自分の感情をなかったことにしてしまう人も多いように思います。幸せや喜びといった心地よい感情だけを味わって生きたいと思うかもしれませんが、恐いとか悲しいとか怒りとか、どちらかといえば不快な感情にフタをしたままでは、幸せや喜びという心地よい感情も十分に感じて味わうことはできなくなってしまいます。どちらか一方だけをたんまりと♡ なんてことは難しいのです。


感情のない世界に生きることは色のないモノクロの世界を生きているようなもの。様々な感情を感じて、味わい尽くして生きる人の人生は、美しく彩られているものです。同じ景色を眺めていても、どれだけ多くのものを感じているかは人によって違うものなのです。


だから、彩り豊かな人生を味わって生きたかったら、今すぐ、感情を感じて味わうことに許可を出していこう。最愛の「私」の中から出てくるものに、良いも悪いもないし、すべてが愛おしくて大切な感情だから、1つ1つ丁寧に味わって生きよう。


泣いて、笑って、楽しんで、あなただけの人生をあなた色に染めていこう♡ 私たちは、感情を味わうために生きているのです。感情を味わった数こそが成長の数であると言えますし、どれだけ味わって生きたかがあなただけの魅


力につながっていきます。だから、勇気を出してハートを開いてみませんか♡内緒の話ですが…。どちらが先かはともかくとして、感受性が開いてくると、身体の感度もぐーんと上がっちゃいますから、きっとラブラブカップルもいっぱい誕生しちゃいますね♡