最新美容では半身浴は意味がない?最も効果のある入浴とは。

コラーゲンは飲食しても意味がない。

化粧品や食べ物に含まれているコラーゲン。

塗ったりつけたり食べたりしたらコラーゲンは増えるのでしょうか?

答えはNO!

ほとんど効果はないです。

詳しい解説は講座でお話ししておりますが、分子が大きいためほぼ無意味です。

しかし、「お肌がツルツルになった」とか効果が実際に出る方もいらっしゃいます。

これはプラシーボ効果で起こり得ます。

コラーゲンを増やすには、まずはきちんと栄養素を摂り自分で

造り出せるようになることが大切です。

※プラシーボ効果・・・ 暗示効果、偽薬効果ともいわれ

薬理作用のないものにより、もたらされる症状や効果のこと。

 

温活は健康の基本である!!

最近平熱が35 度台の低体温の人が増えてきています。

体温が1度下がると免疫力や代謝も低下し、癌細胞においては低体温を好みます。

身体を温める温活をして、より健康に近づきましょう。

簡単にできるのは入浴です。

バスタイムでも、スローエイジングのための入浴のしかたがたくさんあります。

たとえば肩や腰のコリをほぐす入浴メソッドは41 度(少し熱め) のお湯で約10 分全身浴します。

シャキッと目覚めたいときは42 度、リラックスしたいときは38 度とお湯の温度も違います。

そして脱低体温には、ふくらはぎのリンパドレナージュを行うとよいでしょう。

半身浴は高温のお湯ですると美容には逆効果!ぬるめのお湯で長く浸かるのが温活!

いっとき半身浴が流行ったことがありましたが、

半身浴はもともと心臓が弱い方や血圧の高い方のための入浴法でした。

長いことお湯に浸かることは、

逆にお肌が乾燥するので美容だけの目的では、私はお勧めしておりません。

また、シャワーだけの人も多くなっていますがぜひバスタブに浸かってください。

深部体温(体内部の温度)が上がります。

体温が上がると免疫力も上がります。

ふくらはぎのリンパを流すことと、お風呂に入ることは低体温予防にもなります。

そして手首、首、足首の3つの首を温めましょう。

この3箇所は皮膚が薄いので、

外から温めてアプローチすると皮膚の下に熱が伝わりやすく、

温まった血液が体全体に流れ冷え性対策になります。

美肌のためにと勘違いしやすいのは、汗をたくさんかくのはいいということ。

老廃物が流れ出てつやつやお肌になった気がしますが

汗のデトックス効果はわずか3パーセントです。

美肌の方は上手く排泄できる人!

何よりも老廃物が排出されるパーセンテージが高いのは排便です。

美肌のためならば半身浴やサウナなどで汗をかくより排便のほうが大切なのです。

便秘の人は便秘解消することが大切です。

リンパドレナージュで便秘解消の手助けをしましょう。