人は他人の話を聞いていない?納得できる2つの理由とは

人は他人の話を聞いていない

いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすくイライラもしません。

しかし忙しい時に要領を得ない話を聞かされると「聞いているつもり」が始まります。

あるいは話を途中でさえぎって自分の考えを話し始めてしまいます。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

理由は大きくは二つ。

一つは、人は自分の興味・関心のあることだけを聞いているということ。

もう一つは、聞く側の思い込みや価値観が頭に浮かび、相手が話をしている時に違うことを考えてしまうからです。

一つ目の「人は自分の興味・関心のあることだけを聞いている」というのは心理学者のコリン・チェリーが提唱した

「カクテルパーティ効果」で明らかにされています。

これは、カクテルパーティのような何人もの声が同時に聞こえてくる騒がしいなかでも、自分が興味や関心のある人の会話、

自分の名前などは、自然と聞き取ることができるが、それ以外の情報は聞こえているが認知されていないというものです。

だから部下が自分にとって今興味や関心のない話をもってきても、

聞こえてはいるが認知していないということが起こる可能性があるわけです。

二つ目の「聞く側の〝思い込み〟や〝価値観〟で相手の話を判断して、相手が話をしている間に違うことを考えている」についてです。

「彼の言いたいことはこういうことに違いない」とか「彼は考え方がネガティブだ」などという

〝思い込み〟があると、話の最中に「言いたいことはわかっている。彼にはこういうアドバイスをしてあげよう」とか

「ネガティブな彼には、どうやってポジティブな考えを教えてあげようか」と考え始めます。

また「サポートの仕事は女性社員がするものだ」とか「営業というのは断られてからが勝負だ。

お客様への〝もうひと声〟〝もうひと押し〟で成果がでる」など〝それが普通だ〟

〝それが正解だ〟という自分なりの価値観をもっていて、その価値観が強ければ強いほど、

それに対して違う意見を言われると話の途中でも「それは違う」という考えが浮かんできて反論し始めます。

特に相手が部下の場合、状況を十分に最後まで聞かず途中で話をさえぎって、

「なぜその仕事を君がするのだ。もっとやるべきことがあるだろう」とか

「なぜ、そこでもうひと押ししなかったのか?」などと言いたくなってしまいます。

なかには他の人にはすぐに反論などしないのに、部下にはついしてしまうという方もおられます。

「部下は自分のいうことをきくものだ」「部下だからそういう対応をしても構わない」と部下に甘えているのかもしれません。

このように興味・関心がない、思い込みや価値観が邪魔をするなど、

これらの原因で人は人の話を聞いていないということが起こってしまいます。

聞くことも脳を使う

人は自分の考えを話すときには普段慣れた脳の回路を使うので楽ですが、

自分と考えや価値観が違う人の話を聞いて理解しようとなると、それなりに自分と違う回路を使うので楽ではありません。

話をしている時よりも聞く時の方が神経を使っています。

ですから気を許すと相手の話は〝聞こえている〟けれど〝聞いていない〟〝頭に入っていない〟状況になってしまいます。

人の話は意識しないとしっかりと聞けないのです。