瞑想でストレスもスッキリ!2種類の方法でリラックスを

瞑想は思考をリセットするのにとても良い方法です。

ひとりになれる静かな場所を選んで、気が散ってしまいそうなもの

を出来るだけ離しておくことが瞑想をしやすくさせます。

だんだんと慣れてくると電車に乗っているときなどの時間も利用して

プチ瞑想が出来るようになりますから、

あまり「瞑想!」と気合いを入れすぎるのではなく軽い感じで始めてくださいね。

そうでないとカタチにこだわり過ぎて余計にリラックス出来ませんから。

瞑想といってもいくつか方法があって、一つは呼吸に集中する方法

目を閉じて呼吸に意識を集中しているうちに思考が離れていき、

続けていくと身体の感覚が研ぎ澄まされ軽い感じがしてくるようになります。

人は考えすぎるとエネルギーも重たくなるので、瞑想をして、

思考が離れるとそれだけ軽い感覚が得られます。

10分もすれば心も身体も大分ほぐれてリラックスできます。

何も考えていないときというのは「今」にありますから、

あなたの抱える不安や悩みもどうでもよい感覚になっていき、

落ち着いた感覚になります。その瞬間は未来のことも過去のことも今のことも

「何も考えていない状態」ですから、非常にリラックス出来ています。

このような感覚を「無」ともいいます。

瞑想には2種類あり、自分が創った好きなイメージの中で瞑想する方法がある。

二つ目の方法は、イメージをする方法。

草原の中でゆったりと座っているのを想像したり、

宇宙空間に漂っているのを想像したりと毎回場所を変えて瞑想をするのも良いですし、

慣れてくるとイメージの中のあなただけのお気に入りの場所というのが出てくる場合もあります。

ゆったりとしていると楽しい感覚で瞑想が出来ますので、

心も身体もホッとリラックスできるようになっていきます。

ただ、イメージを使う場合でも

「イメージをしているのは自分である」

という意識はきちんと持って瞑想してくださいね。

そうでないと、人によっては思考やイメージした映像のほうが

勝ってしまって無意識になり「それを見ている自分に酔う」現象が起こります。

そうなると「深遠なスピリチュアルではない、エゴが創りあげたスピリチュアル」

に走ってしまうので、淡々と「瞑想を楽しむ」

というシンプルな心を持ちながら行ってください。