人生を想像する側の人間になる。真理とは。

人生とは、あなたの中から創造されるもの。

あなたの目の前に起こっていることは、

すべてあなたが過去から想い続けたこと、

心の底で「信じていること」が叶った状態です。

良いことも悪いこともみんなです。

「人生すべて自己責任」

そう聞くと「え? 嫌だな?」と思う方もいらっしゃると思います。

嫌なことをわざわざ自分で創ろうなんて

誰一人として願っているとは思わないですし、

人生は未知なるもので自分自身では何も出来なくて、

全部運命で生まれる前から決まっているんだから。

と、多くの人は信じています。

そう信じているから、何か嫌なことがあったときに

周りの人や環境のせいにしてしまうのです。

誰かのせいにしたり環境や境遇のせいにしていると、

本当の自分を直視しなくて済みますし、

ある程度は楽に過ごせます。

良いことも悪いことだと判断するのは自分次第だった!

良い悪いという判断も、宇宙は無限で

物事は元々中立(意味がない)ですから、

人や環境のせいにして気分が上々で幸せであれば、

それはその人の「生き方」でもありますし選択の一つです。

そこから学びに繋がる場合もあります。

しかし、「心が穏やかで幸せな状態」であるとはいえない

「見せかけの幸せ(一時的な刺激のある高揚感)」の場合がほとんどです。

何故なら、本来私たちすべての人間には、

一人残らず「光」としての動き(役割)があって、

「他者の幸せに貢献し助け合いながら共に生きていき、

共に明るく楽しく過ごしていきたい」という「愛」が心の根底にあるからです。

「愛」こそが全て。「愛」こそが本当のあなただった。

純粋な愛、光、真心をあなたは本来持ち合わせていますから、

人に愛や優しさを与えたときに、より一層あなた自身の中に

愛が溢れてくるのを感じ、あなた自身が一番癒されるのです。

あなた本来の光が大いなる源、宇宙と深く繋がったときに、

無限に湧き出る光を体内で感じるのです。

喜びに満ちたときに身体が温かくなるのはそのためです。

「愛」を拡げていく生き方を体感するからこそ、

生きている実感や充実感を伴い「幸せ」だと心と身体と両方で感じるのです。

その感覚はとても穏やかで、力強く活き活きとしつつ滑らかで温かなものです。

その時のあなたが「本当のあなた」です。