自分がわからなくなった時のヒント4選

無理をしない自己管理

自分の体、自分の心

今、どんな状態だろう。

常に意識していきたい。

自分から出ているメッセージを、

きちんと受け取って行動する。

それを無視して、

今必要ではない行動や在り方をすると、

どこかで自分が泣いていて、

どこかで強制ストップがかかってしまう。

無理をしない。

時には手放す勇気が必要。

自分の思いではなく、

強制的に手放すことに

ならないようにするために。

「自分の声を聴いていますか?」



無理をしない

あれもやらなきゃ。

これもやらなきゃ。

あれも考えなきゃ。

これも考えなきゃ。

積もり積もって

結局オーバヒートして、

自分にも、周りにも迷惑をかけることに

なりかねない。

無理しない。

自分のキャパを知って、

その範囲で、やれることをやっていく。

無理しなくても意外とやれるもの。

自分としっかりつながっていきたい。

「無理していませんか?」

どういう人生を歩む

与えられたいのち。

どう使うかは、自分次第。

どういう人生を歩みたい?

喜怒哀楽いろいろあるが、

わざわざ苦しむことを

取っていくのではなく、

楽しむ人生を選択したい。

自分で縛る必要はない。

自分を縛るものを手放して、

自分自身に対して自由になる。

そうすれば、見えること、

聞こえること、感じること、

すべてが変わってくる。

どういう人生を歩みたい?

いつも問いかけて行動したい。

「どういう人生を歩みたいですか?」



与えられるもの

私からのギフト。

与えられるものはいろいろあるが、

ものがすべてではない。

感謝の言葉、気配り、そしてスマイル

与える側も、与えられる側も、とてもいい気分になる。

怒りの言葉、無視与える側も、与えられる側も、

とても嫌な気分になる。

お互いを満たすために何ができるだろう。

そう考えると、自ずと前者の方になっていく。

Happy Smile!

このメッセージがとても好き。

いつもいいものを与えられる人でありたい。

「どんな好きなフレーズがありますか?」