現状を変えたい。辛い時に環境を変える意外な方法は。

ひとりじゃないから

生きていたら悩むことはあるでしょう。

心苦しいこともあるでしょう。

でも、忘れないで。

ひとりじゃないから。

必ず助けてくれる人がいる。

その人の存在、その場所の存在を知っていることが大切。

ひとりで悩んでいたら苦しいだけ。

負のスパイラルに入っていく。

気づいて、どこかでやめなければ。

「自分らしく生きる」ためにどのような選択をするか。

ひとりじゃない。

「気づいていますか?」

 

自由にはばたく

自由にはばたく。

やりたいことをやる。

行きたいところへ行く。

そうするなかで自然と必要な人やものと出会い、

自然と人とものとの別れもある。

楽しいことの裏には苦しいこともある。

でもそれも全部ひっくるめて

受け入れることで、自由にはばたける。

「自由に何がしたいですか?」

忙。

「心を亡くす」と書きますね。

忙しい、忙しいと言っていると、

自分の心とつながることなく、

目の前のことにだけ

追われているような気がします。

 忙しいと思ったときに、はたと立ち止まって、

自分を見つめる時間を少しでも創っていくと

気持ちにもやることにも余裕が出てきますね。

「忙しさにどう対処しますか?」

いいんだよ

ゆっくりでいい。

そんなに頑張らなくていい。

みんなちゃんと見ていてくれるから。

等身大でいい。

背伸びしなくていい。

みんなちゃんと信じているから。

ちゃんと認めているから。

そのままのあなたでいい。

自分らしく。

「頑張りすぎていませんか?」

 

今を生きる

いつどうなるかわからない。

先を見通すことはできない。

だからこそ

与えられたいのちをどう使うか。

そして今をどう生きるかを考えたい。

不安もある。

葛藤もある。

でも、自分の道をしっかりと歩む。

与えられたいのちに深い意義が生まれる。

「今を生きていますか?」

 

体の声を聴く

自分の体の声ってどのようなもの?

体だけではなく、心も。

ついつい悪いメッセージを受け取りがちだが、

いいメッセージもたくさんある。

体と心が喜ぶこと、体と心が悲しむこと

生きていたら、いろいろある。

そこからのメッセージを読み取って、

自分と対話する。

これが、より良い道を選択することに

つながるように感じる。

「自分の体が喜ぶのは、どんなときですか?」