自分を変えたい人へのヒント5選

環境を変えたいなら、自分を変える。

このままでは、自分は○○だから、環境を変えたいということはある。

でも、環境を変える前に自分自身が変革を起こせているか。

そこがない限り、環境を変えたところで

何も変わらず、周りのせいにして終わる。

まずは、自分が変わる覚悟を持ちなさい!

その一歩を踏み出して行動しなさい!

そうすることで、今までの自分の殻を破り、

新しい自分へと生まれ変わる。

「自分が変わる覚悟を持って行動していますか?」



できなくてもOK、ALL OK!

人は、ひとりですべてをこなすことはできない。

ましてや、それを要求するのは、無茶なことである。

自分もできないのに。

そうすることで、

相手は、どんどん苦しくなる。

そして、自分も、どんどん苦しくなる。

できることもできないことも

すべて含めて認めていく。

ALL OKのスタンスでいたい。

できないからこそ楽しいこともあるのだから。

そうすることでお互いが生きやすくなる。

「ALL OKのスタンスでのぞんでいますか?」

○○しないといけないに縛られない生き方

○○しなさい。

○○するべきよ。

この言葉が、子どもの頃に植え付けられると、

いつまでもこれに縛られて、大人になったときも

○○しなさい。

○○するべきよ。

と言ったその人のことが頭に浮かび、

いつまでもその人の正解を求めることになりかねない。

 自分を信じていい。

その縛りから解放されていい。

そう切り替えることで、それを自分の周りに伝承するのを断ち切りたい。

自分を大切に。

「縛られていませんか?」

言葉は言霊のパワーがある。

目の前の人やものにどのような言葉をかけるかで、

その人やものにも変化が出てくるように感じる。

ありがとう。

嬉しいな。

相手にも伝われば、パワーが湧く。

と同時に自分にもこれらの言葉は伝わってくるのだ。

バカ。

ウザい。

相手に伝われば、パワーを下げる。

と同時に自分にもこれらの言葉は伝わってくるのだ。

運も使う言葉に左右されるようで、

やっぱりいい言葉を使った方が、運も向いてくる。

「言葉」を大切にしたい。

「言霊を感じていますか?」



相手に伝えるときは気持ちの良い言い方を心掛ける。

ある事柄を相手に伝えるときに、どう伝えるかで、

相手に与える印象が変わってきますよね。

一方的に、感情的に、相手に伝えることでは、

相手に不快な印象を与えかねないし、それでは、伝わらない。

自分が言われたらどうだろう。

と立場を入れ替えて考えてみたい。

自分がされて嫌なことは相手にもしない。

これを、肝に銘じて日々過ごしていきたい。

「どう伝えたら、相手に心地よく伝わりますか?」