心の傷の治し方5つのヒント。痛みとの向き合い方

心が引っかかるときは向き合って。

心にフッと引っかかること。

自分にとって、何かがあるから引っかかる。

自分にとって、いいことであれ、嫌なことであれ、

ここに心のくせがあるのかも。

このくせに向き合うことが、もしかしたら変化をするのに、

大切なことなのかもしれない。

「心のくせに気づいていますか?」



優しさで満たすことは心を温かくすること。

さまざまな場面で優しさを感じることがある

心が温かくなる瞬間。

周りの人がその周りの人に優しさを持って

何かをやっている場面に出会っても、

自分事ではないのにその温かみが伝わってくる。

さまざまな場面で自分も優しさで人と接していきたい。

それが、自分も周りも優しさで満たすことになるから。

「心温かくなる瞬間は?」

心の傷を癒やすのは人にエールを送ったとき。

言葉の力は大きい。

相手が傷ついているときに想いを込めて、

そっと寄り添う言葉がけをする。

エールを送る。

すっと傷が癒えていくときがある。

相手が傷ついているときに、そこに塩をすり込むようなことをするのは

相手をドンドン陥れていく。

しかし、結果すべて自分に跳ね返ってくる。

自分も傷つくコミュニケーションはやめて、

自分も癒やされるコミュニケーションを大切にしたい。

「どうエールを送っていますか?」

人に心を開きたいときは、自分が先に受け止められる人になろう。

心を開く。

自分の想いを伝えられる。

どういう人に心を開くことができるだろう?

信頼できない人批判する人には、とても開けない。

信頼できる人どんなことも受け止めてくれる人には、

安心して心を開くことができる。

そうであるならば、自分はどちらの人でありたいか?

そう問いかけながら、接したい。

「どんな人に心を開くことができるだろう?」



相手に求める前に自分を見つめる。

相手に求めること。

~してほしい。

なんで~してくれないの。

一方的に相手に要求する前に、

はたして自分はどうだったか。

自分には非がないのだろうか?

目の前の出来事を自分が作っているとしたら……。

そう考えてみると、~してほしい。

なんで~してくれないの。

が減ってくるのかもしれない。

何にしても自分を見つめることを忘れたくない。

「自分を見て、コミュニケーションを取っていますか?」