離婚率が上がっている現状を解説!

離婚率が上がっている現状

他者を受け入れるということは、相手を尊重することです。

反対に受け入れてもらうということは、尊重されること。そしてまず何よりも自分が自分を尊重してあげることが大切です。

自分を尊重することと自己中心的なことは違います。

自己中心的とは、ただ自分の考えを押し付けているだけですから、周りの人の入るスペースがまったくない状態です。

自分を尊重すると、尊重できた分だけ、自然と他者との間にも尊重スペースができるようになります。

この社会において、相手の立場に立てない人はやがて孤立していきます。

本当の意味でのコミュニケーション能力とは、私はそこにあると思っています。

「おもてなし」の前に「おもいやり」が重要

私は離婚自体を悪いことだとは思っていません。どうしても無理、それは仕方のないこととも感じます。

ただ、泥沼の離婚劇、傷つけ合って憎しみ合って、もう二度と顔を見るのもイヤ!というのは誰もが避けたいことだと思います。

また、どの世代にも多いDVやモラハラ、逃げるようにする離婚。

心も身体もボロボロ、子どもを連れていくのが精いっぱい。もう二度と結婚なんてしたくない、となってしまいますね。

どれも相手の立場に立てないために起こる悲劇です。

ドラマでもない限り、最初から離婚するつもりで結婚する人はいないでしょう。

一度はあなたが、最終的にはあなたの意思で選んだ人なのです。

たとえものすごく熱烈なアプローチを受けたとしても、友達から強烈に勧められたのだとしても、最後に決めたのはあなた自身です。

ただ、お互いの意思は決まったとして日本にも法律というものがあり、決めなければならない事柄があります。

まして子どもがいるとなるとなおさらですね。