ライフスタイル尊重でもっと働きやすく!

個人のライフスタイルを尊重できる環境

男性は外で働き、女性は結婚をして家に入るという性差による役割意識の価値観が大きく変わろうとしています。

男性の育児休業取得や、女性の管理職登用など、社会の中で性別の区別なくその個人の希望や能力に合わせて

活躍できるような法・制度の整備が行われており、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方が可能になろうとしています。

このような、性別によるキャリア形成機会の不平などをなくす動きが活発になっており、今後も進んでいくことが予想されます。

介護事情もその一つ

また、高齢化で家族の介護事情による労働力の損失を避けるための環境改善や、労働者の疾病による人財損失を防止するため、

その健康管理についても企業が経営戦略の一つとして取り組む姿も見られるようになってきています。

ただ、現在は社会の価値観の変化の過渡期であり、流れが動き出したところであるため、モデルとなるケースが少なく、

自分が望む姿のイメージが持ちにくい状況ではあります。

このように、個人を尊重し、個人の能力を最大限発揮できるような環境整備の流れは今後も続いていくことが考えられることから、

自身が望むキャリアを実現させやすい環境に身を置くこととなります。

そのため、自身の価値観、労働観が、現代そして将来に合っているのかを考え、

自身が望む姿をイメージすることがこれまで以上に大切になっています。