算命学の歴史って知っていますか?

算命学の歴史

算命学は「道教」の中の神仙思想の教えを土台とし、鬼谷子(きこくし)という思想家によって編み出されたそうです。

古代中国の戦国時代では「戦いに勝ち自国を繁栄させていくには?」と一国の王様たちの軍略として使われていました。

運命学・予知学としても的確に物事の流れを当てていくので、秦の始皇帝によって門外不出の秘術とされ、

長い間、王家だけに受け継がれてきた東洋の帝王学です。

人生のヒント

そこからまた長い歴史の事情の中で算命学は故・高尾義政氏によって、

王家だけではなく大衆が人生のヒントとして取り入れられるようにと

一般的にも理解しやすいように改良されながら日本でも広まりました。

庶民の占いでは「当たるか当たらないか」に留まりますが、

王家の占術は「当たる」そして「どうするか」を追究します。