時は金なりではない、 時間は『○○○』なり!

時間は減るしかない

『時は金なり』という言葉がありますが、時間はお金よりも大事だと思います。

お金は貯蓄できますが、時間は貯蓄どころか減るしかないのです。

例えば、自分の年齢が40歳、ご両親の年齢が60歳と仮定します。

人間の寿命が80歳と仮定します(想像してください)。

1年に2回ほど、盆と正月に両親と会えるとします。

会って話をする時間が3時間ぐらいとします。

絶対的価値として、両親は『80歳-60歳』=残り20年は生きられます。

相対的価値としては、1年に2回、1回3時間ほど会って話をする、残り20年間と仮定した場合。

3時間/回×2回/年×20年間=6時間(1年でご両親と話をする時間)×20年間

≒120時間≒5日(あと5日間しか会って話をすることができない)

ここから何が言えるかと言いましたら、実際(絶対的価値)に、ご両親はあと20年生きられますが、

相対的価値から見ると、実際にご両親に会って話をしている時間があと5日間しかないということです。

この考え方が理解できれば、ご両親だけでなく親戚、親友をより大事にしていく必要がありますよね。

時間はお金と違って貯蓄はできません。

しかし、時間をお金で買うことはできます。

例えば、関西に住んでいる方がディズニーランドに行くとき、どうしますか?

飛行機、電車、車、バスなどを使用しますよね。まさか徒歩で行く人はあまりいないと思います。

何が言いたいかと言いますと、時間をお金で買っているということです。

いつも時間に追われて時間がない、忙しいとよく口にされる方はよく考えてください。

イライラして気持ちにも余裕がなくなりますよね。

しかし、ダラダラする時間を省き、やるべきことの優先順位を考慮して行動すれば、案外時間を生み出すことができると思います。

言い換えれば、やらないことを決めることです。

できる人は、決めております。

心が亡くなると書いて『忙しい』

緊急で重要なこと、緊急で重要ではないこと、緊急でなく重要なこと、緊急でなく重要でもないことの優先順位をつけて、

やるべきことができれば解決できるはずです。

また、自分でないとダメなこと、他人に任せても問題ないことの優先順位をつけていくことです。

心に余裕があれば人に優しくなれます。人生はお金、時間、心の余裕を持って生きていけると幸せが増すと思います。

時間はお金持ちであろうがなかろうが一日24時間です。お金持ちの人は25時間ではありません。

しかし、お金をうまく使うことで時間を有意義に使うことができます。

年齢を重ねるにつれて残された時間が限られます。

時は金なりと言われますが、本当は時間は『いのち』なり!と私は思います。

やり残したことがあるなら先送りせず、できない理由を考えるのではなく、まずやりましょう。