経営戦略をわかりやすく解説します。

必須事項

企業にとって戦略がなければ成り行きで経営をしているようなもの。

企業にとって戦略は必要であり、企業の行う戦略は「経営戦略」と呼ばれる。

まずは一般的な経営戦略とは何か?に触れておこう。

一般的な理論を知らなくても、経営戦略は実行できるが、

どう違うのかを把握するためには簡単に理論として知っておいていただきたい。

経営戦略とは?

経営戦略とは、「企業の継続的な競争優位性を確立するための基本的な考え方。

経営理念や経営ビジョンなどの想いや目標を設定し、

さらにその目標を推進していくために具体的な行動を計画・検討すること」、

「企業が経営理念に基づきさまざまな環境変化に対応していくための方向性と手法」と表現される。

要するに、企業にとって経営戦略とは「企業を永続的に、かつ、成長させていくための羅針盤」ということができる。

企業経営の目的は「持続と成長」である

中長期的に強い会社を作るためには経営戦略が重要である。

そのためにコンサルタントに経営戦略構築を依頼する場合には

1~3カ月程度※の構築期間を使い「時間をかけて」「中長期に耐え得る戦略を作る」ことを行う。

経営とは明確な目標を達成することであり、目標を達成するためには戦略が必要なのだ。

※企業規模・業種・構築する内容によって構築期間は変動あり。