資格の効果ってすごい!説明します!~独占効果とハロー効果~

資格の効果

そんな資格の第一の効果には、法律で保護されている士業が挙げられます。

免許を持った者だけが堂々とその仕事ができるというものです。

しかし、最近では士業の人数が増えすぎて、新規の合格率を絞っている国家試験や、

士業の人数の割に仕事数が思ったほど増えず、資格は取ったが仕事がない、という士業も聞くようになりました。

資格の第二の効果は、肩書きが名刺に書けることです。

初対面の方とお会いしたとき、相手はあなたのことをどう思うでしょうか。

容貌などの次は名刺ですね。

名刺の肩書きである程度その人を判断します

もちろん部長や課長などの職責の肩書きも重要ですが、その横に税理士や販売士1級などといった資格名を入れると、

肩書きとは違う能力を表します。

これは、資格の力がその人を認めるという「ハロー効果」になります。

「ハロー効果」とは、人事考課などで特定のスキルに秀でている人は、その人全体が優秀だと勘違いする効果のことです。

仏像の後ろから後光(ハロー)が差すことを「ハロー効果」と呼びます。

もっとも、しばらく一緒に仕事をしていると相手の実力はわかってきますか

ら、名刺だけではごまかせません。資格の役割はここまでとなります。

資格の効果

独占効果……法令の保護

ハロー効果……名刺と肩書き