エネルギーを高めたいならグレーゾーンを認めてみよう!

エネルギーを高める方法

最初に、僕が提唱する「グレーゾーン」とはどのような定義か説明します。

物事は基本的に中立であることは何度もお伝えしてきました。感情も、性格も中立です。

しかし、世の中は白か黒かはっきりさせようとする傾向が強くあります。

西洋的な教育、ディベートを基本とするような文化圏では、そのような傾向がより強くなります。

それらが悪いというわけではないのですが、すべてに白黒を当てはめてしまうと相手を赦せなくなったり、

自分を赦せなくなり自分を責めてしまったりします。

白と黒を混ぜると灰色になります。それがグレーゾーンだと僕は認識しています。

このグレーゾーンの受け皿が広ければ広いほど、器が大きくなり、余裕が生まれていきます。

自分も相手も物事も裁かない姿勢でいられることは、ニュートラルや中庸ともいえます。

では、そのグレーゾーンを認めて広げるにはどうしたいいのでしょうか?

「すべての人間の特徴が自分の中にある」

このような大前提を受け入れ、自分の中にある色々な性格を少しずつでも受け入れていくことです。

「他人は自分を映す鏡」とよくいいますがまさしくその通りで、自分の中にない性格は基本的には存在しないと僕は思います。

残虐性、暴力性、支配性、依存性、逆に優しさ、勇気、愛などもあります。男性性も女性性も誰にでもあります。

個々の生活や性質、経験で普段出ている特性のパーセンテージが違うだけです。

また、場面や立ち位置などでも変化していきます。

そのような自分を認めていくことがグレーゾーンを広げていくことになります。

また、良いか悪いかで捉えなくなってくると楽になっていきます。

それでも他人や自分自身に強烈に反応してしまう場合は、あなた自身の課題のポイントかもしれないので、

前述した「内観する」ことをして、自分自身を見つめてください。

そうやって玉ねぎの薄皮を一枚一枚剥がしていくような作業をしていくと、確実に自分のグレーゾーンが広がっていきます。

広がることで、他人とも自分の中とも円滑なコミュニケーションを徐々に取るようになっていき、自己受容も高くなっていきます。