エネルギーを高めたいならアウトプットを意識してみよう!

エネルギーを高める方法

アウトプットすることはとても大事です。ここでは詳しくその理由を書いていこうと思います。

普段、何かを学んで得ることを基本的にインプットと私は位置づけています。

学校で机を並べて勉強するスタイルはインプットに当たると思います。

ゆえに日本の教育スタイルは基本的に受動的なインプット重視型ともいえますので、既存の理論などを組み立て、

アイディアを出すことが日本人は苦手な傾向が強いともいえます。

このインプット重視の弊害として、自分で考え、応用できないことによる依存型の思考が蔓延していると、

たくさんの方をセッションしてきて思います(もちろん、そうでない方もたくさんいらっしゃいます。あくまでも傾向です)。

よって主体的、能動的にするアウトプットを意識することで、依存的、受動的なインプットを防ぐことにもなります。

インプットに対してアウトプットのバランスさえ取れていれば問題ありません。

物事は基本的にどちらかに傾きすぎるとバランスを崩してしまいます。これは陰陽論にある思想であり、自然法則でもあります。

インプットしすぎると情報過多になり、アウトプットしすぎるとネタ切れになる経験は、僕自身もよく味わいました(笑)。

成功者の方は必ず、行動が早いです。言われたことを即実践していく癖を、僕もかなり心がけてきました。

簡単な例

良い本があるという情報を得たら、確かめた上ですぐにAmazonで注文することもよくあります。

これも一つのインプットとアウトプットのバランスといえるでしょう。

また、過去にインプットした情報にしがみつきすぎるのも、過度なインプットであると僕は捉えています。

パソコンと同じようにアウトプットした情報は、アップデートを常に心がけています。

スピリチュアルのような変わらない普遍的な情報だとしても、多角的に学び、人に伝える表現を僕は常に探しています。

そして、インプットしたら、クライアントや身近な方に伝えたり、実践します。

やはり、そうした方が記憶の定着は格段に早く、僕はよく周りの方と僕自身をアウトプット実験台に使っています(笑)。

積極的なアウトプットを癖づけることで、あなた自身の主体性をぜひ、高めてください。

やれることを無理なくやってみてください。